仕事で紡ぐ物語

島村琢哉の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

blickpixel / Pixabay

物創りに携わっている企業の中でもっとも親密な関係性を構築するのが材料を制作している企業で、両社の関係性は日本の景観を夢のような素晴らしい世界にしているといっても過言ではありません。
島村琢哉が大領取締役兼社長執行役員CEOを務めている旭硝子株式会社は世界でも最大手のガラスメーカーになっています。
建造物だけでなく、小物等の日用雑貨でも使う事が多いガラスは多くの場合この旭硝子株式会社が作っている物なので、企業間だけの関係性だけでなく一般の消費者の間でも広く知れ渡っている企業として存在しています。

事業内容は主に建築用ガラスの製造を行っており、この他にもフッ素化学製品も販売しているので事業内容も多方面に充実している企業と言えます。
島村琢哉の経歴は1980年に慶應義塾大学経済学部を卒業して以来旭関係の会社にその身置いており、社内からも信頼のおける社長として人気の高い人物になっています。
社長に就任するまでにはアサヒマスケミカル株式会社社長も体験しており、その後も執行役員化学品カンパニープレジデントや2013年には常務執行役員電子カンパニープレジデントも体験しているので、実業家としては申し分ない経歴の持ち主として知られています。

旭硝子を設立した起業家ではないので、起業に関する能力を図る事はできませんがその経歴かれ考えればこれから旭硝子が新たな事業を展開しても十分に成し遂げられる人物である事は間違いありません。
硝子というと建築等の生活空間での分野に特化した事業なのではと思う方もいますが、島村琢哉が社長を務めている旭硝子株式会社は生活空間分野だけでなく映像や通信に関する分野、そしてエネルギー分野に対しても事業を展開しており、多くの視点から人々に役立てるような企業として存在しようと日夜進化を続けています。

特にエネルギー分野は建築材料等にも密接に関係しているので、非常に重要視している事業になっています。
最近ではリフォーム用のペアガラスや寒冷地用のペアガラスまでも販売しているので、より世界的な硝子会社としてシェアを広げている経歴も注目されています。
また近年ではあらゆる騒音が社会で問題視される傾向があるので、その事態に対応するべくマイミュートという防音タイプのペアガラスも開発しているので気になる方は利用を検討してみる事をお勧めします。
この様に島村琢哉の旭硝子株式会社は一つの事業にとらわれずに、常に新しい視点で物事を考えながら自社を進化させているのでその充実した進化の軌跡を体験したい方は一度関連商品の性能を確かめてみる事を強くお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です