仕事で紡ぐ物語

薦田和隆の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

MichaelGaida / Pixabay

薦田和隆は、総合機械商社の代表取締役社長です。
薦田和隆は、1951年に香川県で生まれ、1974年に大学を卒業して総合機械商社に入っています。
2010年に常務執行役員になり、2013年に専務執行役員になり、2014年には副社長執行役員になっています。
そして、2015年に代表取締役社長に就任したのです。

薦田和隆は、起業する夢を実現させて社長になった人達とは違います。
新入社員として会社に入社してから、コツコツと仕事を続けて代表取締役社長になった人物です。
ですから、起業家によくある波乱万丈な経歴ではありません。

会社の事業内容は、各種プラント設備や機械装置、電子情報システム機器類の販売や輸出入などです。
会社が設立されたのは1947年で、1961年10月には東京証券取引所第一部に上場しています。
専門商社の中では、最も早く東京証券取引所第一部に上場しており、大きな注目を集めました。
電力やエネルギーは、国民生活において重要で、経済活動の基盤ともなる重要なインフラです。
最近では、様々な環境問題に対応する発電方式が求められているのです。

薦田和隆が社長を務める総合機械商社、火力発電プラントや水力発電プラントはもちろん、ここ数年で脚光を浴びている太陽光発電プラントなど、再生が可能なエネルギー発電にも取り組み、省エネルギーにも貢献しています。
また、自然環境を保全するため、大気汚染防止設備や環境処理設備など、環境保全の全般にわたるシステムも提供しているのです。
繊維産業や化学産業から生まれる製品は、様々な分野で活用されています。
暮らしに必要な設備や機械を提供し、快適な暮らしをサポートしています。

日本では、薄型テレビが人気を集めていますが、デジタル機器の基幹部品を製造するのに必要となる各種装置も取り揃えています。
産業の各分野でハイテク化が進み、様々な付加価値や省力化を実現する装置や機器が増えています。
開発サポートに必要となる、様々な機器や計測技術も、グローバルな視点に立ち提供を行っているため、好評を博しています。
会社には、電子や繊維、半導体向けプラント、設備の輸出入における豊富な実績があります。
長年の実績によって培われたノウハウを活かし、顧客に最適な素材や原料、部品を提供しています。
また、環境問題への取り組みについては、機械専門商社としての社会的な責任を考え、ISO14001認証を取得しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です