仕事で紡ぐ物語

斎藤英男の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

sonja_paetow / Pixabay

斎藤英男は、事業内容として段ボール事業や紙器事業、住宅事業を展開している企業の代表取締役社長です。
1945年に生まれた斎藤英男は、起業して社長になったのではなく、1969年12月に入社後、夢を持ちながら様々な問題を乗り越えた結果、社長になった人物です。
斎藤英男の経歴を見てみると、1986年に岩槻工場長になり、1990年6月に取締役生産部長になり、97年5月には常務取締役になっています。

そして、1998年4月に代表取締役社長の座に就いたのです。
会社は、1940年に創業され、1949年に缶詰用木箱のメーカーとして設立されています。
その後、段ボール事業に転換し、事業を全国規模に拡大しています。
関東を中心にして、九州から北海道までカバーしており、顧客の様々な要望に対応できる体制を構築しています。
さらに、海外では、アメリカの西海岸とベトナムに子会社を持っており、日本国内と同様の製品を供給できる体制を整備しています。
1984年には、スウェーデン製木質パネル住宅の輸入販売も行うようになっています。

創業当時から木を扱い慣れており、さらに段ボール事業で培ってきた生産管理技術や様々な経験、ノウハウを活用し、事業を拡大しています。
現在では、スウェーデンに住宅部材生産会社を持ち、国内には販売と施行を行う会社を持ち、製造から販売、施行までを一貫して行っています。
スウェーデンハウスは、高品質で高機能なので、顧客からも高い評価を受けています。

主力製品の段ボールは、国内のリサイクル率がほぼ100%であり、さらにスウェーデンハウスは、高断熱性と高気密性によって住宅の消費エネルギーを大幅に削減しているのです。
そのため、二酸化炭素の発生を抑えることができ、自然環境にも大きく貢献しているのです。
会社のモットーは、環境に優しく、ビジネスと暮らしを包むです。
やる気があれば、年齢やポジションは関係なく、重要な仕事に就くことができる自由な社風も人気を集めています。

若いことが原因で補助的な業務になってしまうことはなく、意欲と能力があれば、重要な仕事を任せてもらえます。
斎藤英男は、社会貢献が高い会社の社長として、安全で品質の高い製品とサービスの提供を行っています。
斎藤英男の会社は、ロゴマークも有名で、ロゴマークには、社会的な責任やコンプライアンスが求められる時代に沿った、信頼性の高い企業であり続けたいという強い思いが込められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です