金融

宇田謙心氏(お金の先生)にインタビュー!お金についての考え方を伺いました。

宇田謙心氏(お金の先生)にインタビュー!お金についての考え方を伺いました。

宇田謙心氏は、「お金の先生」として知られている、資産運用のプロです。自身が既に資産家なのはもちろんの事、国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士を取得しており主婦から経営者まで、ライフプランニングや資産運用についてのアドバイザリー業務を行っています。2017年頃から現在まで既に500件以上もの方の資産運用についての相談を受け豊富な実績があります。

そして、今回は私の周りの方からも実際に評判が良かった宇田氏について深堀したインタビューをお願いさせていただきました。

Q: どのような子供時代・学生時代を送っていましたか?

一般的な子供時代だったと思います。ただ、好きなものは買ってもらえず、周りの友達と比べてもお小遣いが少なかったので

どうしたらお小遣いを増やしてもらえるか!?

どう節約をするか!?本当に必要なものなのか!?

どのように親に提案すれば買ってもらえるのか!?

などなどお金について考える機会をその都度両親に頂いた事で当時は不満でしたが今では私のお金に関する考え方は両親のお陰で身についた事もあるので感謝しております。

Q: 子供の頃の夢はなんでしたか?

プロ野球選手になる事でした。お盆とお正月くらいしかまともに休んだ記憶はなくこれ以上努力できないくらいに頑張りましたが、実力が無く体も壊してなれませんでした。努力しても報われない分野があると分かったことで、改めて努力次第で誰でも豊かになれる資産家の良さが本当によく分かります。

Q: 趣味や余暇にしていることは何ですか?

趣味は仕事です。自分が資産を作り豊かになれた事で、昔の私みたいに嫌な仕事でも頑張っている方や将来に不安のある方、リタイア生活をしたい方などに労働所得ではなく自由で豊かな配当所得の素晴らしさを理解してもらいたいですね。

欧米などの先進国では学校教育でファイナンスの授業があるのが当たり前ですから時間的にもお金的にも裕福な方が多いです。欧米や香港、シンガポールなどに行くと分かるのですが、金融教育をまともに受けていない日本人は詐欺的な投資とギャンブル的な投資と安全かつ堅実に増やしていく資産運用の違いも分かっておらず、金銭的にも時間的にも余裕がなく貧しいと感じてしまします。ここの感覚を是正して投資は詐欺とかギャンブルとか危ないとかというイメージではなく投資は安全、社会貢献にもなっている事を理解してもらいたいですね。

余暇は本を読んだり自分で操船をして釣りをしたりしています。ポイントを見つける為の分析をする所は自分に合った良い資産を見つける所に似ていて楽しいですね。他の船が釣れない時でも私の船は過去のデータや分析をキッチリしてポイントを見極めるのでよく釣れる事が本当に多く今では自分が釣るより同乗した人に釣らせてあげる事も楽しみの一つです。

Q: ストレスがたまった時や気分転換したい時はどうしますか?

好きな事しかしていないので基本的にストレスはないです。嫌な事としては私を疑う人ですね。私はお金の先生として活動をしています。

これはお医者さんに例えると分かりやすいのですが、お医者さんの所に来て先生の事を疑うならその人に最初から相談をしない方が良いでしょう。先生は患者さんの為に自らの知識を使い適切な薬を提供したり、アドバイスをします。実際に先生の言う通りの薬を飲み、適切な生活習慣などの行動をして健康につながる効果が出なければ再度違う提案をしていただいたり先生を変える事も必要でしょう。

ですが最初から疑う人に限り、適切なプランニングをしてもそれを実行継続すらせずに出来る理由ではなく出来ない理由ばかりを語り、誰かのせいで自分が今上手くいかないんだとか自分以外の他者責任にしていたり、私の事すらも疑う人は最初から私の所に来ないでほしいですね。相手の時間を奪うのも嫌ですし、自由な時間が私には沢山ありますが、暇ではないので本気度の高い方に私の時間は使いたいと思うのです。

実際9割以上が私と長い付き合いの方ばかりになっていて効果しか出ていないです。リタイア、セミリタイア、自分の労働所得より配当所得の方が大きい方なんて既に沢山います。

そもそも私は増やすより守る。守るから配当が貯まり、それを複利にする事により大きな資産にしていくスタイルですから、年々私がプランニングした通りにしていれば資産は最大化しているはずです。

Q: 何故今の仕事をしようと思ったのですか?

私が労働所得を得ていた時に将来的に自由で豊かな資産家になりたいと思い、とある大手金融機関に行って窓口の方に相談した所、「私共にお任せください」と言われ、とある投資信託を勧められました。

その方に「日本の投資信託の10年平均利回り分かりますか?」と私が質問した所、「少々お待ちください」と言われてしまったので、私がマイナスになっている事を伝えました。その次に人に勧める位だから「自分はやっているのか?」と尋ねた所やっていないとの事。

ここで私が理解したのは、金融機関の大半の人は資産運用のプロでは無く、ノルマに追われて自分がやりたくも無い商品を手数料の高いものから勧めてくる営業のプロである事がよく分かりました。

その結果、多くの顧客がアメリカやイギリスなどの先進国に比べて資産が全然伸びておらず、老後問題や一億総活躍社会といって死ぬまで働こうお爺ちゃんお婆ちゃん状態になっている事を理解しました。

正しいマネー教育を受けている欧米では豊かな老後が当たり前ですが、マネー教育が学校で殆ど無い日本では何か投資商品を買っても高い手数料、低いリターンが多く、その結果老後ですら貧しい方が多いので、自分が豊かになれた過程で欧米型のファイナンス教育の啓蒙活動をして正しいマネーリテラシーを身につけていただき豊かになってもらいたいと考えたのです。

Q: SNSでコラムを書こうと思ったきっかけは何ですか?

セミリタイアしている時にリアルやネットを含めて間違った金融情報が世間ではあまりにも多く、良いものが悪いと言われ、悪いものが良いと言われていて自分が資産家として本名、顔出しして金融情報を発信すれば私に共感する方の役に立てるのではないかと考えました。

ちなみに人口ピラミッド的に富裕層は一般層に比べて圧倒的に少ないので大衆の判断、多数決での判断は資産運用的には間違っている事が多く、その結果、豊かでは無い人が多いのです。

また今では2児の父として、もし私が早くに亡くなってしまった時に正しい教育をしてあげる事が出来なかった事を後悔したくないので、幼い子供への遺言としても私はコラムを書いています。子供が私の死後にでも読んで理解すれば一生涯お金に困る事も無く、楽しい人生になると思っています。無料媒体を使っているので、どうせなら私の子供への遺言を一般の方にも公開して豊かな方が増えたら良いなと考えてコラムも楽しみながら書いています。

Q: 人生に影響を与えた本があれば教えてください。

初めは「金持ち父さん貧乏父さん」です。⓵労働者、⓶自営業者、⓷ビジネスオーナー、⓸資産家投資家、どの仕事が一番自由で豊かになりやすいかがよく理解できる本でした。

私は当時⓵でしたが、すぐに⓸になるための行動をすべく労働所得で得たお金を消費や浪費で減らすのではなく、更に増やす為に金融資産にお金を投じる事を始めましたのでその積み重ねで配当収入が大きくなり自由で豊かな今があります。

Q: 尊敬する人は誰ですか?また、理由はなんですか?

私に資産の作り方を教えて頂いた資産家の方です。実際に行動していて結果も出ている人の意見は腑に落ちる提案ばかりでアドバイス通りにしていたら楽とは言いませんが簡単に私自身も豊かになれました。

銀行員も証券マンも不動産投資業者の言う事を聞いても上手くいきませんでしたが、資産を一から作った方は営業マンではなく自分の体験をもとに教えて頂いたので説得力しかなく、また結果でも驚き尊敬と感謝しかありません。まさに私にとっての先生です。今でも年に数回はお会いしています。

Q: お金に興味をもったきっかけは何ですか?

お金に興味はありません。自由な選択肢ができる手段の1つだと思っているだけです。「お金の為に働くお金の奴隷からお金を自分の為に働かせるお金の主人へ」が私のモットーです。

Q: どのようにしてお金の知識を身につけたのですか?

実際に日本だけでは無く、欧米や香港シンガポールなど金融先進国に行きグローバルスタンダードな金融事情を学び自らが実践して知識をつけてきました。

Q: 働く上であなたの価値観・重要視することはなんですか?

自分がされて嬉しい事を相手にもしようと思います。また相手の為にも考え方が合う方だけをクライアントにして目の前の人をとにかく得させる事です。そうすれば紹介だらけになります。実際私のクライアントの殆どが紹介です。

ですから広告宣伝費などが特にかからないので、その分関わる方は余計に得しやすいのです。逆にCMや広告の多い所は私みたいなプロ視点で見させていただくと宣伝を沢山しないと人が集まらないレベルだと分かりますし、高い宣伝広告費は結局クライアントが手数料など何かの形で払う事になりますからその分を顧客に還元したほうが良いのになと感じてしまいます。

Q: 宇田さんの強み/弱みを教えて下さい。

強みは着実堅実に大きな資産を作って行く事。弱みはギャンブル思考の方や一攫千金を狙ってばかりいる方をみると将来的に豊かになれない方だと分かるので、そのような価値観の方を豊かにするのは難しいですね。

Q: どのような方がクライアントに多いですか?

自由で豊かになりたい方が殆どです。資産的にも下は数百万から上は数億以上になります。職業も様々で主婦もいれば経営者の方も沢山います。

宇田謙心氏より、最後に一言。

お金の使い方だけで豊かになるか?貧しくなるか?が決まるといっても過言ではありません。貧しくなる方はお金を浪費や消費に使うからお金が減り、減るからまた働くを繰り返しています。ですから働けなくなったり会社が潰れると困るのです。

一方、豊かになる方は浪費や消費を抑えてお金を先に資産に多く使いまずは増やします。その結果、早く資産からの配当が大きくなりそこからの配当だけで暮らせるようになるのです。ですから働けなくなっても困ら無いですし会社に収入を依存する事もありません。

そうなってから配当の範囲内で浪費をしてもお金は減らなくなりますし、使わずに余った配当金は再び原資に投入し複利とすればさらに原資が大きくなりますので使っても使っても資産が増えるし減らさない状況になりますので長生きリスクも無くなりますね。

自分が何歳まで生きるかは誰にもわからないので人生100年時代に本来老後資金は貯金の切り崩しで生活することは間違っています。3000万老後資金を貯めても毎年300万使えば10年で無くなりますが、年間10%で運用していれば配当だけで年間300万出ますのでそれを使っていれば原資は減りません。また使うのを10年先延ばしにすると年利10%でも複利で3000万は約9000万にも膨らみますのでそこから年間900万の配当を使っていくのもゆとりある老後になって良いでしょう。時間的にも金銭的にも豊かで居続ける為には稼ぎよりも圧倒的に使い方の方が重要です。

宇田謙心氏の経歴情報

大学卒業

公務員

経営者(資産運用スタート)

個人投資家(セミリタイア)

お金の先生、法人個人のファイナンシャルアドバイザリー業務
国家資格ファイナンシャルプランニング技能士資格保有

[宇田謙心氏のセミナーの様子]
【宇田謙心】セミナーの様子

<宇田謙心氏のSNS各種>

まとめ

宇田謙心氏が経済的に成功され、自由な生活を送れるようになったのは宇田氏本人の経験、努力からでしょう。フィナンシャルアドバイザリー業を行っている方は、お金のアドバイスをするので怪しまれたり、疑われたりする事もあるはずです。また他業者が自社利益に導こうと悪評をわざと立てそれに不安になった情報弱者に何か販売したりする事は昔から少なくありません。

しかし、宇田謙心氏へのインタビューを通して、宇田氏のお金に対する考え方や知識量、増やすより守ると言う考え方、誠実で真面目な人間性が良く分かりました。宇田氏は信頼に値する人物であることは間違いないでしょう。インタビュアー自身も宇田先生に資産について相談したくなってしまいました。何故紹介が沢山出る人なのかが私自身よく分かりました。学校教育でお金の教育をあまり受けてこなかった世代にとって、宇田さんのような方を先生として顧問にしておくと個人法人問わず心強いですね。