企業

永瀬哲郎の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

tookapic / Pixabay

永瀬哲郎(ながせてつろう)氏は、佐藤商事株式会社の代表取締役社長で、2014年に就任しています。
佐藤商事株式会社は、1930年に創立、1949年に設立された金属専門商社で、東京証券取引所に一部上場しています。東京都千代田区に本社を置き、東京、千葉、新潟、栃木、神奈川に倉庫、また事業所は全国41拠点と海外にも現地法人として9法人を持っています。

事業内容としては、鉄鋼部門、非鉄金属部門、電子材料部門、機械・工具部門、ライフ営業部門、貿易海外部門、営業開発部門があります。
鉄鋼部門では普通鋼板・特殊鋼板、条鋼、線材、形鋼、鋼管、加工品、建材などを取り扱っており、自動車、建設機械、橋梁、建築、電機、造船、金型等の業界に販売し、全国規模の拠点を強みに地域と密着、海外需要に対しては、佐藤商事株式会社の現地法人と連携しています。

非鉄金属部門では、アルミニウム、銅、亜鉛、錫、鉛、ニッケル、シリコン、マンガン、樹脂等の素材や加工品を中心に販売および輸入を、電子材料部門では、プリント基板の主材料である銅張積層板の供給などを、機械・工具部門では、工作機械、放電加工機、各種プレス、歯切り工具、切削工具、研削砥石、計測機器などを取り扱い、ものづくりのバックアップをしています。
ライフ営業部門では、高級洋食器・カトラリーの企画製造販売、日用品の通販事業など、佐藤商事オリジナルの商品、食品、キッチンウェア、家電製品、スポーツ用品、生活用品全般を取り扱っております。

国内の関係会社15社及び、子会社・海外関連会社、グループ会社が一丸となって、ニーズに応えそれぞれの特徴を最大限に発揮し、良い製品とサービスの提供をすること、企業の社会的責任に応えることが夢であるとしています。
佐藤商事株式会社の代表取締役社長である永瀬哲郎氏の経歴は、1957年7月29日生まれの千葉県出身で、明治大学法学部を卒業後、1982年4月に佐藤商事株式会社へ入社しています。1997年4月には非鉄金属部第2課長へ就任、2004年4月に電子材料部長へ就任、2006年6月には、佐藤商事株式会社取締役・統括部長へ就任しています。その後、2009年4月に、常務取締役・部門担当へ就任、2011年4月には専務取締役・部門総括、2013年4月には取締役副社長・部門総括へ就任したのち、2014年4月に、代表取締役社長として就任しています。
永瀬哲郎氏は、大学卒業後から佐藤商事株式会社に在籍しており、起業の経歴はありません。