仕事で紡ぐ物語

竹谷紀之の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

MichaelGaida / Pixabay

建設事業の要である建築技術は様々な技術が存在し、日本の景観や生活の利便性を向上させてくれています。
建築技術は素人では把握する事ができませんが、建築物としてその姿を現すと人の評価を一身に受ける事になります。
この評価を努力という形で経歴に反映させ見事に会社を発展させたのが竹谷紀之です。

ナカノフドー建設の社長である竹谷紀之は1974年に法政大学工学部建築学科を卒業し、当時の株式会社ナカノフドー建設である中野組に入社するという経歴を持っています。
そのため建築に対する夢は誰よりも強く、その意気込みは入社してから2005年を迎えた時に執行役員という肩書で反映される事になります。
その後企業のリニューアルの陣頭指揮を執るために2010年には東京本店副本店長兼リニューアル統轄部長任命され、リニューアル1年後の2011年には東京本店長に大抜擢される事になります。
その後ナカノフドーの心臓部に携わり自分の夢を事業内容に反映させるべく、2012年に常務執行役員に就任し2013年には取締役兼常務執行役員国内建設事業本部長に就任して株式会社ナカノフドー建設をより飛躍させるためにさらに尽力する事になります。

そしてその経歴を含めた功績が認められ2015年には株式会社ナカノフドー建設の社長の地位を獲得する事になり、自分の夢である建設事業のトップへと上り詰めました。
株式会社ナカノフドー建設を起業してわけではありませんが、一つの企業に対してこれ程愛情を注いでいる人間は他には見つからないと言われている程株式会社ナカノフドー建設の事業内容である建築に思い入れが強く、施工実績も竹谷紀之が入社しその才能を発揮してからというもの絶大な業務成績上昇が見られています。
株式会社ナカノフドー建設では建築技術に関して非常に自信を持っており、免震や制振技術を結集して建造された集合住宅や学校は大変高い耐久力を保有しているため国内の多くの建造物建築に携わってきている経歴を持っています。

また最近では人口密集によって超高層住宅にも需要がでているので、超高層RC技術を建築物に施す事で安全な超高層建築物として人々に知れ渡っています。
中でも2004年に建造されたルミナス東大島はナカノフドー建設自慢の建築物といっても過言ではない程のクオリティとなっており、景観も美しく東京都民の一つの憧れとして今も立派な姿を人々に魅せています。
株式会社ナカノフドー建設の建築物は複雑な技術を踏襲してやっと作られる巨大な美術品といってもいいクオリティなので、住宅やオフィスを探している方は竹谷紀之が夢見た建築物の利用を検討してみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です