企業

白石正の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

Unsplash / Pixabay

白石正さんは、昭和28年2月17日生まれで現在64歳です。2012年(平成22)6月から株主総会を経て三菱UFJリース代表取締役社長に就任されました。三菱UFJリース株式会社の本社は、東京都千代田区の丸の内に設立しています。事業内容は、各種物件のリース、各種物件の割賦販売、各種ファイナンス業務、国際業務の4つです。各種物件のリースとは、三菱UFJリース株式会社が地主から土地を借りて、客の理想の建物を建築して賃貸する取引のことです。次に各種物件の割賦販売とは、客が希望する物件を契約期間内に分割して販売します。そして契約が終了したらその物件は客の物となるシステムです。そして各種ファイナンス業務とは、その名の通り、資金調達をすることです。

種類はたくさんあるようです。船舶ファイナンス、マンション管理組合向けのファイナンスサービス、賃貸オーナー向けのファイナンスサービス、などなどです。最後に国際業務についてです。国際業務とは、海外展開を目的とした業務で、客の海外進出をサポートするサービスです。これらの他にも色んな事業内容があります。例えば、工作機械のレンタルであったり、医療機器の買取販売であったり、PCレンタルというのもあります。コスト削減を実現出来る省エネを考えたサービス、太陽光などの自然エネルギー発電事業向けのサービスである環境ファイナンスなどもあります。これまでの白石正さんの起業に至った主な経歴は次の通りです。生まれは愛知県出身です。昭和50年3月に同志社大学を卒業し、同年4月に株式会社東海銀行に入行されています。平成13年4月には中部審査部長となります。平成14年1月には株式会社UFJ銀行の審査第2部長、同年5月には執行役員にもなっています。平

成17年5月は常務執行役員として活躍しています。平成18円1月には、株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員、企業審査部・融資部・名古屋融資部・大阪融資部・審査部・事業戦略開発部・国際審査部の副担当などたくさんの役割を兼任していました。そして平成21年5月には、株式会社三菱東京UFJ銀行専務執行役員営業第二本部長となりました。翌年平成22年5月に専務執行役員、同年6月に晴れて三菱UFJリース株式会社取締役社長に就任されたのです。現在は執行役員も兼務されています。代表取締役の白石正さんが考える夢、経営理念は、客、株主、社員からの信頼に答えて、豊かな社会実現の貢献だそうです。