仕事で紡ぐ物語

原尾正紀の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

pixta_23308957_M

インターネットの普及に伴いビジネスのチャンスは際限なく広がるようになりました。
その中で自分にできる可能性を見つける事は大変ですが、その可能性を簡単に見つける起業の天才も中には存在しています。

その天才とは株式会社エディアの代表取締役社長CEOの原尾正紀です。
原尾正紀は九州大学工学部を卒業後、日産自動車に入社して自動車のIT分野の企画開発に従事していたのですがその環境が功を奏したのか、1999年にモバイルコンテンツビジネスに大きな可能性を感じ起業するための土台を整えた上で株式会社エディアを創業します。
この経歴は原尾正紀の中に存在する夢の転換期とも言える時期で、創業以降社員にゲーム産業に携わったスタッフを迎え入れる事で企業戦力を整え今では事業内容として豊富なゲームコンテンツを配信する事に成功しています。
起業した当初は見切り発車の計画と評されることもありましたが、常勤監査役や社外取締役に熟練の役員を配置する事でゲームコンテンツを作り上げる経歴を確かなものとして積み上げてきました。
ゲームコンテンツは目新しさが重要であるため、現在も中途採用を含めた採用枠を大量に用意しており日夜コンテンツ開発に力を入れています。

2017年の主力コンテンツとしては蒼の彼方のフォーリズムが有名ゲームコンテンツ配信サイトで配信される事で幅広いゲームユーザーに認知される事になり、株式会社エディアの名前もより多くの人に知られるようになりました。
この他にもスマートフォンアプリケーションとしてMAPLUSランニングを配信しており、独特な世界観やゲーム性は空き時間に暇を持て余す人を中心に熱中する人が増えています。
またこのゲームは公式ツィッターも開設しており、フォロワー数も1万を超えるまでに人気となっているため事業内容としては大成功を収めているといっても過言ではありません。
度々公式ツィッターには三頭身の可愛いキャラクターが登場しており、最近では2月2日に投稿された絵がとても人気で一気にフォロワー数を増やす要因となりました。

株式会社エディアの目標は独創的なモノづくりとゆるぎない行動力、そして仕事好きの楽園という事を掲げており近年での躍進を見る限りこれからゲーム産業を大きく盛り上げていく企業となる事は間違いありません。
株式会社エディアの考えに共感できるかたは就職する視野も考慮した上で、配信しているゲームコンテンツを遊んでみる事を強くお勧めします。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です