仕事で紡ぐ物語

大野元泰の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

felipeblasco / Pixabay

大野元泰氏は株式会社ケアネットの現会長兼CEOです。株式会社ケアネットの創業者でもある大野元泰氏は、これまでどんな経歴を辿ってきた人物なのでしょうか。今回は大野元泰氏の経歴や起業の経緯を含め、会社が取り組んでいる事業内容についてご紹介しましょう。

株式会社ケアネットについて

株式会社ケアネットは1996年7月に大野元泰氏の手によって設立された会社で、製薬会社や医師・医療従事者に向けて営業支援と医療情報の提供サービスを行っています。株式会社ケアネットが掲げるビジネスモデルは、制約による医療情報のミスマッチを防ぐために、情報技術と映像力で解決することです。

設立当時は医師向け専門情報番組を放送するという日本初の取り組みも行っていました。番組はすでに閉局となっていますが、インターネットを通じて動画配信サービスに切り替えています。他にも会員制の医療情報コンテンツサイトや求人サイト、医療ソーシャルメディア、eラーニングサービスなど、時代のニーズに合わせたサービスやコンテンツを手掛けています。

CEO・大野元泰の経歴と起業の経緯

大野元泰氏は1963年に岐阜県で誕生し、東京大学の経済学部を卒業しているエリートです。大学に在学している時から起業を考えており、卒業後は大手証券会社に入社して、業務をこなしながら事業のネタ探しをしていました。しかし、在籍中にネタを見つけることは叶わず、退社後は幅広い業界のコンサルティング業に関わっていきます。

コンサルティングに携わる中で、医療業界の古い体質に注目したことをきっかけに医療業界での起業を考えました。ただ、当時の大野元泰氏には知識も経験もない業界ですが、経営部分に不安を抱えるある医療法人から経営を依頼され、医療法人の経営を2年間取り組みます。そこで自信が付いて、1996年に株式会社ケアネットの設立に至りました。

医療者向けの事業内容

株式会社ケアネットの事業内容は大きく分けて医療者向けと製薬会社向けのものがあります。まずは医療者向けに提供しているサービス・事業内容からご紹介しましょう。

CareNet.com

医師・医療従事者が登録できる会員制の医学・医療情報サイトです。国内外問わず集めた最新医学のニュースをはじめ、BEJMやJAMAなど一流ジャーナルに載り注目されている論文の解説、日常臨床に役立つノウハウなど紹介を紹介しています。診療ノウハウについて学べる動画は分かりやすいと評判があり、医療に携わる者なら読みたいと思える、信頼性の高い情報を提供しています。

PubMedCLOUD

世界最大級の医学・生物科学の文献情報を検索できるPubMedをより便利に使うために提供されているツールです。PubMedは英語サイトであるため、通常は英語での検索となります。しかし、PubMedCLOUDを活用することで日本語のキーワードでも検索が可能となり、自動翻訳での表示となるので見たい文献を効率良く探せるでしょう。

Doctors’Picks

コメントを付けられる医師専門のサイトです。良質な記事を閲覧できると同時に、医師同士がコミュニケーションを買わせるSNS機能を持ち合わせています。がん治療や先端医療に関しては専門分野の医師たちが注目記事をピックアップしており、記事を見た医師たちが積極的に議論できる環境作りを心掛けています。

CareNeTV/ケアネットDVD

一流の講師による臨床医学のノウハウを学べるオンデマンドチャンネルです。臨床のスキルアップに向けた番組を主体に一般向けから専門分野まで豊富なノウハウを紹介したストリーミング動画を配信しています。また、臨床医学教育のDVD教材を販売しており、医学書店やオンライン書店で購入可能です。
2004年から販売しており、分かりやすく面白いと好評を受けています。

CareNet Career

ケアネット会員に向けて転職や求職のサポートをしているサイトです。医師人材派遣会社や病院、診療所からの協力を経て、医療機関と医療者の両方に有益性のあるマッチングを行っています。サービスの利用は完全無料となっており、業界最大級の求人量なので自分に合った勤務先候補を見つけられるでしょう。

製薬会社向けの事業内容

続いては製薬会社向けに取り組んでいる事業やサービスをご紹介します。

MRPlus

ケアネットの会員に対して、製薬会社から発信される医療情報を提供しているサイトで、ストーリー形式の動画で分かりやすく紹介しています。オンデマンドでの配信なので、自分の見たい時に視聴できる点が利点です。他にも製薬会社に動画を視聴した医師の反応をフィードバックするナビゲーション機能があり、MR活動において医師と直接面会する機会も作れます。医師にもメリットがある上に、製薬会社は良質な医療情報を提供でき、MR活動のバックアップに役立つサービスです。

Web講演会

製薬会社主催のオピニオンリーダーによる講演会を、会員向けにライブ配信するサービスです。Web講演会を活用することで忙しくて講演会に足を運べない医師も、気軽に講演会に参加できます。質疑応答もあるのでオピニオンリーダーからの返答をすぐにもらえる点もメリットでしょう。
視聴数や反応は製薬会社にフィードバックされるので、その情報を元に新しい企画の創出などに活かせます。

まとめ

大野元泰氏は医療業界の体質を変えようと思い、株式会社ケアネットの起業を考えました。医療分野は高度かつ最新の知見や技術が求められるものであり、医療者は多忙な中でも情報を集めなければなりません。中には正確に情報が伝わらないケースもあるため、そのミスマッチを防ぐために株式会社ケアネットは様々な方法で情報提供し続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です