企業

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(代表取締役CEO:森下一喜)

blickpixel / Pixabay

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は、オンラインゲームの運営・管理を行っている会社です。2002年に配信された「ラグナロクオンライン」やスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」のリリースによってゲーム会社として一躍有名となりました。今回は、今もなお新たなゲーム市場に挑戦し続ける「ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社」について詳しくご紹介していきましょう。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の概要

会社設立は1998年7月1日、本社所在地は東京都千代田区丸の内です。代表取締役CEO・森下一喜をはじめ、取締役や監査役、執行役員など役員数名によって組織が構成されています。会社従業員は単体で389名となっていますが、主要子会社を合わせると1,100名以上に及びます。社名にある「ガンホー」には熱心なという意味があり、任務を遂行するためには熱心さや熱烈的な気持ちが必要不可欠であることから「ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社」という社名が付けられました。

また、紫色のシンボルマークは人が笑っている口の形をモチーフに、感動や楽しさを提供するための作品を作り上げることを意味しています。主にスマートフォンゲームの企画や開発・運営配信などの事業に取り組んでいますが、この他コンソールゲームやPCオンラインゲームなどゲーム市場全般の販売・配信提供も事業概要となっています。

事業の取り組みについて

ガンホーは、2002年8月に「ガンホー・オンライン・エンターティメント株式会社」へ商法変更してから、オンラインゲームサービス事業を中心に事業内容を変更しました。同年にオンラインゲームRPGの「ラグナロクオンゲーム」をテストサービスで提供し、正式にサービスを開始し本格的に事業が始動しました。市場の変化に伴いゲーム分野でも、常に新しい変化が求められる時代となっています。これに対しほとんどのデバイスにオンライン機能が標準装備され、ハードウェアベンチャーが加速してきています。

そのためにガンホーでは、開発力だけでなくサービス運営における能力や実績をビジネスモデルの基盤とし、ハードの選択や地域にこだわらず新しいサービスを提供していける事業ビジョンを掲げています。世界一のエンターテイメント企業を目指し、これからも長期的なオンラインゲームプロデュースに注力していくことでしょう。

ガンホーが企画・販売した主なゲーム作品

オンラインゲームが普及する中、ガンホーは常に新しい運営ノウハウやサービスを世に発信し続けています。ここで、ガンホーが企画した商品と発売日をチェックしてみましょう。

【スマートフォンゲーム】

  • パズル&ドラゴン(2012年2月)
  • ケリ姫スイーツ(2012年11月)
  • Dokuro(2013年12月)
  • サモンズボード(2014年2月)
  • パズドラレーダー(2016年3月)
  • ディズニーマジックキングダムズ(2016年10月)
  • セブンス・リバース(2016年11月)
  • クロノマギア(2018年4月)
  • 妖怪ウォッチ ワールド(2018年6月)

【コンソールゲーム】

  • Dokuro(2012年7月
  • ラグナロク オデッセイエース(2013年8月(PS®Vita)・2014年((PS®3))
  • パズドラZ(2013年12月)
  • パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズエディション(2015年4月)
  • パズドラクロス 神の章/竜の章(2016年7月)
  • LET IT DIE(2017年2月(通常版)/2017年3月(パッケージ版))

【PCオンラインゲーム】

  • ラグナロクオンライン(2002年12月)

ガンホーの4つの戦略

ガンホーは世界中に感動と楽しい経験をもたらすために、4つの戦略を掲げています。

1.新しい価値を創造する

これまでに経験したことのない感覚を提供していけるよう、新規価値を生み出す存在でありたいと考えています。ユーザーにとって「面白い」とは、今までにない体験や感動を味わうことです。これまでは日本市場への配信に取り組んできましたが、海外にも通用するようなグローバルな配信を見据えています。家庭用ゲーム機器やPCゲームを含め、マルチ対応可能なソフトウェアを展開中です。

2.既存価値を最大化させる

現在サービス提供中の既存ゲームは、ゲームだけを用途とするのではなく、コミックやアニメ、イベント、キャラクターなど様々なプラットフォームを展開させます。

3.他社とのパブリッシング・パートナー

15年以上培ってきたオンラインゲームの運営力を活かし、他社の良質なゲームと一体化しサービスを拡大・多様化しています。

4.新分野の開発

各社から新しいゲーム端末が続々と普及される中、ガンホーは「パズドラ」によってゲーム市場の成長をさらに引き上げることに成功しました。今後も新技術や需要に対する研究や開発を続け、これまでに実在しなかった新しいサービスを創出していきます。

まとめ

今回は、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の概要や事業の取り組み、作品についてご紹介しました。現在発売中のゲームは、プログラマーやWebデザイナー、マーケティング、プランナーなどの部門で研究や開発を重ねて作り出したゲームです。どの部門でも面白さに徹底し、新しい体験ができるような新規価値にこだわっています。この創造性と革新性によって世の中の人々に、感動や楽しいを提供することができているのでしょう。