仕事で紡ぐ物語

森悦郎の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

Pexels / Pixabay

日立ソリューションズ東日本の社長森悦郎は人生を日立のために捧げている人物の一人と言えます。
1975年に日本大学法学部を卒業し、同時に日立製作所に入社した森悦郎はそれ以来日立の様々な部門で働き続け、1998年には情報システム事業部技術部長に就任します。
さらに経験を積み2005年には情報通信グループ経営戦略室販売計画本部長に就任するという経歴を刻み、翌年の2006年には当時の日立ソフトウェアエンジニアリングのプロジェクトマネジメント統括本部長になり、日立の心臓部分を担っているさらに重要なポストに就任します。
この就任経歴はとどまる事をしらず、森悦郎はさらに2011年に常務執行役員になり翌年の2012年4月には当時の日立東日本ソリューションズの社長に就任し名実ともに日立の代表となったのです。
始めての就職が日立であったため、本人も企業に所属した後の夢やビジョンをインタビューで語っており、担当している東北や北海道地域から全国や世界へを合言葉にしてビジネスを展開している姿は一企業の社長としての見本を存分に披露していると言えます。
日立ソリューションズ東日本の主な事業内容はシステム環境構築を始めシステム運用や管理を手掛けており、企業として必要なベースを整える事業を展開しています。
また機械的なシステムだけでなくグループウェアやワークフロー等、ビジネスの原動力となっている人間へのシステム構築も行っているので起業してまだ間もない企業は特に利用する事が多くなります。
この他にも事業内容はITガバナンスも展開しており、企業として重要な金融関係のシステム導入まで行っており起業を考えている人ならば誰でも利用する事になるような企業として成長しています。
今後の展開としては森悦郎本人はグローバル市場で勝負をかけると明言しており、国内で培ったサービスのノウハウとシステム構築能力を全世界に向けて発信できるような体勢を考えています。
また親会社の日立ソリューションズが欧米アジアの主要市場で展開している事業も参考にしつつ展開していく予定なので、より密度の濃いサービスが未来的な視野で期待できるのではと内外から声が上がっています。
森悦郎の日立ソリューションズ東日本でのビジネスモデルは日本を中心にあらゆる場所でソリューションズ事業が展開できるような環境を描いているので、サービスの鉄則であるより広い視野を持った提供能力が期待できると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です