仕事で紡ぐ物語

㈱キーマン創業の経緯や会社の強み

TeroVesalainen / Pixabay

㈱キーマンとは?

f_27

 

㈱キーマンは1993年9月、大阪市此花区において、コンクリート補修や補強を専門とする会社である「キーマン・テクニカル」として創業しました。創業から3年後には土木・橋梁等鋼構物の耐震補強業務へと主な業務内容を変更し、資本金10,000,000円で㈱キーマンを設立、同時に本社を現在も本拠地とする東大阪市へと移転させることとなります。

1998年に建築耐震補強業務への進出を果たすなど着実な発展を遂げ、2005年7月には東大阪市荒本新町に本社ビルが完成。翌2006年12月に資本金を30,000,000円に増資すると
、2007年6月に特定建設業 大阪府知事許可、8月には特定建設業 国土交通大臣許可を取得し、2009年1月にISO9001品質マネジメントシステム認証を本社が取得。2013年4月には東京都中央区日本橋に東京支店を開設し、関東地方への進出も果たしました。

創業開始から現在に至るまで建造物を長持ちさせるためのメンテナンス・スペシャリストとして活動を継続しており、ビルや集合住宅、学校などの大きな建造物はもちろんのこと、
橋梁や道路といったインフラの整備にも深く関与し、高い信頼を勝ち取ってきました。高度経済成長期に建設された建造物や道路には既に大きな破損が生じ始めており、健全な状態を維持するためにはメンテナンスが必須となっています。今後さらにキーマンが活躍する舞台が増え、企業としての価値を高め、次なるステージへと躍進をしていくのではないでしょうか。

キーマンの次のステージへ進むために行った事業について

minatomirai_0445

キーマンの躍進を支えるキッカケとなったのは、耐震補強業務、あるいは耐震診断業務に対して積極的な取り組みを見せ、特化した事業をいち早く開始したことでしょう。キーマンは、現地調査を始めとし、設計から施工まで全ての作業を一括して引き受けていることが最大の特徴となっており、確かな実績を積み重ねることによって信頼を高め、現在の発展へと直結させています。

特に信頼を高めるポイントとなっているのが、診断から設計まで常に慎重に取り組み、細かな調査を怠らないことです。築年数や設計図、回収履歴や被災履歴の確認といった基礎的な事項に始まり、図面との整合性が取れているのか、ひび割れや不同沈下、老朽化といった劣化が発生していないかといった問題についても慎重に検証し、コンクリートコア強度試験や中性化試験も怠りません。

そのため工事開始後に大幅な修正を迫られることなく、スムーズで安全な作業へと繋げることが可能になっています。

耐震診断においては、現状診断計算から診断報告書の作成が基本的な業務内容となり、耐震補強設計では、耐震補強工法の選定から耐震費用の積算、補強完了後の耐震性能確認、
耐震補強の提案といった順序で作業が進んで行きます。その上で取り掛かる耐震改修工事に関しても、必ず耐震改修工事見積の作成が行われた上で工事が実施されます。
ここまでのいずれの工程においても補助金制度があり、活用することもできます。

キーマンの企業理念を再チェック

キーマンは「高い倫理観と強い正義感を持って企業活動に取り組み、人々が安心できる安全な生活環境を創造し、社会の保全・発展に寄与する」ことを企業理念としています。
耐震工事においては、単純にお金をかけるというだけでは安心して工事を待つことができません。キーマンでは顧客からの信頼を維持するという点だけに捉われず、本来の目的である「人々が安心して暮らせる安全な環境」を生み出すことを第一目標としていますから、スタッフの一人一人に高い倫理観と強い正義感を持たせ、常に高い意識で作業に取り組むことを求め続けているのです。そのため、基本方針においても情熱や積極性、献身性、さらに「道徳的であること」をスタッフに求めています。

「お客様」だけではなく、「社員とその家族」そして「取引先」のすべてが幸せになることを追求し、社会全体から必要とされ、愛される企業となることを目標に掲げております。事業に関しても、単純に設計を実現させるということだけに集中するわけではなく、高い知識と技術力を最大限に活用することによって社会コストの低減を実現し、なおかつ環境・エネルギー事業を通じることにより、省エネやCO2の削減まで目指しています。

地球環境に配備した取り組みを積極的に展開していることもキーマンが高く評価される理由の一つであり、先進的で未来型の企業として認知されています。キーマンの強みは、それらの基本理念を柱として、社長をはじめ全ての社員が共有しているという点にあります。

通常の現場作業では、1か所につき1~3人の担当スタッフが常駐する形で作業を行っていますが、キーマンでは現場での担当者以外にも、近隣で余剰となっているスタッフを忙しい現場に集め、繁忙期においては4~5名のスタッフが応援という形で現場に駆け付けて、チームワーク良く効率的な作業を実施しています。単純な労働力だけではなく知恵も結集される形になりますから、一致団結して様々な作業に取り組み、万が一にも想定外の出来事が発生したとしても、慌てず冷静に、そして確実に対処することが可能です。

キーマンが採用するスタッフの優秀さは断トツ

lgf01a201310221300

働いているスタッフもバラエティ豊か。ベテランとしてキーマンに長く在籍しているスタッフ以外にも、転職によってキーマンに活躍の場を移した経験豊富なスタッフや、新卒採用された期待の若手も数多く在籍しています。全社員に高いレベルの教育を施していますが、特に新卒の若手社員に対しては社会人としての教育を徹底しており、業務に関連する勉強会の開催はもちろんのこと、ビジネスマナー研修や社員同士での意見交換会も積極的に実施し、社内外の誰と接触しても失礼の無い常識を育み、社員として、そして人間としての成長を力強く促しています。

診断や設計に優れ、人材に優れているだけでなく、もちろん実施される工事のクオリティが非常に高いこともキーマンの強みです。創業から22年という期間において、常に耐震補強のスペシャリストとして安全に貢献し続けていたキーマンは、現場スタッフだけでなく会社そのものが蓄えるノウハウも多いと言えます。公立小学校や庁舎、警察署等の施設の補強を手掛けてきたことからも、キーマンが如何に社会的な評価の高い企業であるかを窺い知ることができます。社会貢献の実績も豊富であり、記憶に新しいところでは、2016年に発生した熊本地震においても、キーマンは「人々が安心できる安全な生活環境を創造する」という理念に則り、迅速な支援活動を行っています。

様々な経験を持っているからこそ、顧客のニーズにも広く対応でき、顧客の希望に合致する工法の提案が行われています。その工事内容は一般的な方法に縛られておらず、建物の状況に合致さえすれば、特殊工法を採用した工事にも対応しています。

安全で安心して利用できる工法を採用するということは大前提として、コストパフォーマンスにも配慮した工事を行っていることは、独立系であるキーマンならではの長所です。顧客の不安を少しでも解消するための取り組みにも積極的で、補助金の活用に当たっては申請代行のサービスまで実施しています。

また、キーマン以外の会社に依頼した補強提案に対しては、キーマンがセカンドオピニオンとしての役割を果たしており、他社に依頼した工事における疑問点や不安に感じる問題、あるいは悩みを解消させるためにも全力を尽くしています。

㈱キーマンは耐震技術のプロフェッショナル

㈱キーマンは、1993年に設立された大阪に本社を置く会社です。2013年には、東京にも支店を開設しています。

主に、建物の耐震に関する業務や工事、メンテナンスなどを行っていて、
その実績は、学校、庁舎、大手企業、マンション、橋、道路など幅広いです。
20年以上の実績を持つ耐震技術は、機械だけでなくプロの目と触診も併せて行うことで、長く安心して使える建物へと改修していきます。

また、耐震工事にかかる費用に関しては、補助金制度の案内や手続き方法などもしっかり行っていたり、
旅館やホテルのオーナーを対象としたセミナーを開催するなど、耐震工事の必要性や、補助金制度の活用方法などについて詳しく案内もしています。
更には、耐震に関する法律についても安心して相談することもできるようになっています。

他には、耐震工事中に転居が不要となる工事や、圧迫感のない間取りを実現するための提案も行っていたり、
建物だけでなく難しいとされている橋などの橋梁のメンテナンスも行ったりしています。

㈱キーマンは、建物に関する不安を払拭するために、丁寧にヒヤリングし安全に工事を行うように配慮するなど、全ての工程に気配りをしている会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です