仕事で紡ぐ物語

土井春彦の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

jarmoluk / Pixabay

土井春彦氏は、株式会社アウトソーシング代表取締役会長兼社長として、IT分野においてグローバルな展開を進めています。株式会社アウトソーシングを設立した土井春彦氏は、これまでも将来性の高いビジョンを見出して取り組んできました。では、そんな彼の過去の経歴や起業した経緯、株式会社アウトソーシングの事業内容などをご紹介しましょう。

土井春彦のプロフィールと過去の経歴

1959年3月6日、京都府で生まれたのが土井春彦氏です。出身高校や卒業大学の詳細は見られませんが、彼は株式会社アウトソーシングの前身である株式会社中部綜合を1987年に設立しました。その後1989年に株式会社リアルタイムへと商号変更し、1997年に株式会社アウトソーシング創業に至っています。

土井春彦氏は、企業が求めている人材のニーズを見出し、事業や部署を他社に委託する仕組みや派遣労働で補うビジネスの必要性を感じていました。現在は、そうした企業の業務の一部を委託するアウトソーシングが珍しくなくなってきています。それは、土井春彦氏が企業の生産性を向上させるサポートを担う企業を設立したのが大きく影響していると言えるのではないでしょうか。

土井春彦氏は、長期的に生き残れる企業を作るには、顧客企業に支持され、着実に業績を伸ばせる企業にしなければならないと考えていました。そのため、コンプライアンスを重視した体制を導入し、人材派遣を担う事業そのもののイメージを払拭しようと考えたのです。そもそも、人材派遣業界では数百億円を売り上げている企業もありましたが、法律違反するケースも少なくありませんでした。

法律に違反していれば、どんなに利益を獲得してもすぐに衰退してしまう可能性が高くなります。
そこで、従業員の行動規範明文化や法令順守を徹底する意識持って事業に取り組んだのです。その結果、コンプライアンスの重要性を意識していた株式会社アウトソーシングは、徐々に顧客企業から評価されるようになりました。

元々は製造分野において人材派遣を行っていましたが、製造業界はグローバル競争において収益が厳しくなってきている企業も少なくありません。そのため、最近ではIT分野を中心としてグローバル競争が強い現代に対抗しているのが特徴です。

近年は、第三次サービス産業の事業強化にも積極的な姿勢を示しており、新たな事業展開にも取り組んでいます。株式会社アウトソーシングは、2004年にジャスダック上場を果たしているほか、2012年に東証二部、2013年には東証一部に上場しました。土井春彦氏は業界ナンバーワンを目指しており、幅広い領域で事業展開し、豊かな社会実現に向けた取り組みを講じていこうと努力しています。1987年の創業から、業界の健全化に取り組んできた土井春彦氏は、さらなる事業強化とグローバル展開に取り組んでいくでしょう。

株式会社アウトソーシングの事業内容

では、土井春彦氏が経営している株式会社アウトソーシングの事業内容を紹介していきましょう。主な事業内容は、プロフィットシェアリング・労務管理・人材採用、教育・PEOサービスなどです。

プロフィットシェアリング

Win-Win関係構築のために、「プロフィットシェアリングモデル」と呼ばれるビジネススキームを行っています。顧客企業から生産計画や製造技術に関連する知識・ノウハウ・製造設備を提供してもらい、アウトソーシングから労務管理・人材採用、教育・PEOサービスを提供することによって、経営資源融合を実現する仕組みを作ります。Win-Win関係構築は、こうして得られた効果をシェアすることで生み出されます。

労務管理

業界トップクラスの労務管理力を提供するべく、社内資格制度・リーダー職抜擢・スキルアップに伴う評価・ステップアップ養育などの実現を図ります。管理者を派遣することで、企業の生産体制の管理・運営の徹底や、社内教育制度充実に向けた取り組みを行います。

人材採用/教育

これまでの経験と実績を駆使して、顧客企業にとって最適な人材を採用しています。スキルアップしやすい教育体制や技術レベル向上を図り、生産性向上を目指します。

PEOサービス

先進国では、「PEO(習熟作業者派遣組織)」と呼ばれるアウトソーシング形態が主流となっています。国内では新たなその形態を提案していくことで、顧客企業のニーズに対応したサービス提供を目指します。

まとめ

アウトソーシングや人材派遣に関わる事業を展開している企業は少なくありません。しかし、土井春彦氏は利益を上げるために法律違反して事業を進めていけば、すぐに衰退してしまうと考えました。長期的に生き残れる企業にするために、コンプライアンス徹底や法令順守の意識を高めていった土井春彦氏は、現在も様々な顧客企業に支持されています。

今後は、IT分野を中心に事業強化を図り、電気・電子・医療・化学などの領域にも携わっていこうと考えています。業界ナンバーワンを目指し、今後もシェア拡大や業界整備に取り組んでいくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です