仕事で紡ぐ物語

田中博の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

422737 / Pixabay

株式会社キャストの代表取締役社長である田中博氏は、どのよう経歴があるのでしょうか。また起業した理由は何でしょうか。経歴については大学を卒業しており、IT関係に関心を持ってきました。キャストを企業した理由については、世の中の変化に対応するためだと言われています。IT産業自体は私たちの暮らし、仕事などに対して劇的な変化をもたらしているのが特徴です。これは私たちの生活を見ればわかりますが、例えば身近なところでは、自宅や会社にあるパソコン、スマートフォンをはじめとする携帯電話の進化、そして何よりインターネットの普及が私たちの生活を大きく変えていきました。田中博社長はこういった時代の流れに敏感だったのです。

田中博社長は、このような現状において、株式会社キャストを設立していきます。株式会社キャストの事業内容は、証券・金融などの対応ソフト開発、そしてファクトリーオートメーション分野におけるソフト開発などを行っています。それのみでなく、最近はIT分野など新分野を開拓しようと試みており、その分野の開発に対して挑戦してきました。
会社の特徴は、金融、証券業務分野においてスペシャリストを目指すことを第一と考えています。これはITと合わせることによって不可能ではないというわけです。それのみでなく、ファクトリーオートメーション分野においてはジェネラリストを目指すようにしています。仕事に詳しいSEを育成することもまた目的としています。

田中社長の夢は、株式会社キャストを利用しているお客さんに喜ばれることです。それでも、IT関係についての企画や提案そして開発をすることができる会社として設立をしているのです
現在のところでは、大手証券そして大手電機メーカーなどの業界で一流企業と連携をすることで、株式会社キャストシステムの企画や提案そしてIT系の技術の開発、さらにはそれらを販売するなど、今までなかったような画期的なサービスを実施しているのが特徴と言えるでしょう。

株式会社キャストの方針はどうでしょうか。方針の一つとして、みんなが同じ目標を持ち、その目標に向かって一丸となって進んでいくことがあります。しかも、企業として誇りを持つことができる人格形成をし、お客さまとの信頼をつかみ取ることも方針の一つです。また様々な面においての連携も非常に大事になると考えています。その一つが人と会社をつなぐことです。また会社は企業をつなぎ、そして企業は世界をつなぐことを第一に考えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です