仕事で紡ぐ物語

石橋保彦の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

pixta_14824764_M

“娯楽に関するビジネスは数あるビジネスの中でももっとも人材発掘やサービスの提供方法が難しいビジネスとして有名なのですが、それらを解決しながら成長していく企業も数多く存在しています。
その代表例として有名な企業が株式会社平和です。
石橋保彦率いる株式会社平和は起業から現在に至るまでの経歴が特殊で、2007年に石橋保彦社長が前任の社長から経営を継承した事が切っ掛けになっており現在の戦力ではより会社を進化させる事はできないと判断した社長は株式会社オリンピアと完全統合を決定しました。
この影響で事業内容の柱となっている遊技機コンテンツの開発力が飛躍的に伸び、多くのユーザーの支持を獲得する事に成功しました。

この経歴は人々の夢や癒しの場でもある遊技機を如何にして発展させるかという点を慎重に議論した結果であり、それが見事に事業内容と結果に反映しているので遊技機コンテンツ業界の中でも最も注目された出来事の一つでした。
石橋保彦はこの完全統合の決定にあたり、株式を株式会社オリンピアと交換する事で持ち株比率を維持する手段を用い双方の会社にとってより良い未来が確立されるようにしました。
社長本人の経歴は遊技機とは程遠い存在である法政大学経営学部だったのですが、中退を切っ掛けに自分に眠る新たな可能性を見つけて株式会社平和に入社する事になります。
その後数年置きに取締役や常務取締役に就任する事になり、平成14年には代表取締役専務に就任する事になります。
そしてさらに1年経たずに代表取締役副社長に就任し、その4年後代表取締役社長となり会社統合を決意する事になります。

なので中退という経歴は決してマイナス要素に働いているわけではなく、石橋保彦を遊技機開発のプロとして育て上げた切っ掛けにもなっているので非常に重要な転換期であったと言えます。
統合後のコンテンツ配信は非常に良好で、テレビアニメを使用したパチンコ台を何台も開発しており男性をターゲットにしたコンテンツも開発しているので多くのユーザーがその楽しさに酔いしれています。
また近年では自社の事業内容をさらに多くの人に知ってもらおうと専用の動画投稿チャンネルを設けており、動画総再生数が2年足らずで300万を突破する快挙を成し遂げています。
娯楽はあらゆる人を夢の世界に誘う大切な物なので、株式会社平和の様に継続的に新しいコンテンツ配信ができる開発環境が必要となっているのです。
もしパチンコに興味のある方は、様々なバリエーションでコンテンツを造っている株式会社平和のパチンコ台で遊んでみる事をお勧めします。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です