仕事で紡ぐ物語

田中公章の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

MasterTux / Pixabay

田中公章(たなかきみあき)氏は、平成25年6月に日本ゼオン株式会社の代表取締役社長です。
日本ゼオン株式会社(にっぽんぜおん)株式会社は、東京都千代田区に本社を置き、富山県高岡市、神奈川県川崎市、山口県周南市(徳山)、岡山県倉敷市(水島)に工場、神奈川県川崎市に研究所、大阪と名古屋に事務所を持つ化学メーカーです。1950年4月に合成樹脂の製造販売を目的として設立し、現在は東京証券取引所に一部上場しています。

事業内容は、自動車用タイヤ関係、シール部材のシールパッキング類やガスケット、ホース類、ベルト類などと、そのほかにも自動車用部品として防振ゴム、ブレーキパッド、ランプ周りや内装材、船舶の防舷材や塗料などを手掛けています。
また、電子・電気関係では、ディスプレイや半導体、記録メディア、電池、プリンター、デジカメやその他電子部品関係を手掛け、さらに、建築材料、道路舗装資材、日用品や、工業薬品など種類は多岐にわたっています。
この日本ゼオン株式会社の代表取締役社長の田中公章氏の経歴は、1953年2月19日生まれの東京都出身で、最終学歴は1979年3月に東京工業大学大学院理工学研究科修士課程を修了しています。1979年年4月に日本ゼオン株式会社入社すると、2003年に日本ゼオン株式会社・高機能ケミカル事業部長に就任、2005年には日本ゼオン株式会社の取締役に就任し、高機能ケミカル事業部長、高機能ケミカル販売二部長、高機能ケミカル販売三部長、高機能材料研究所長を兼任します。

2007年6月には日本ゼオン株式会社の取締役執行役員に就任し、高機能ケミカル事業部長、高機能ケミカル販売部長を兼任します。2008年に機能性材料事業部長、機能性材料販売部長、及びゼオンケミカルサービス株式会社の代表取締役となり、2010年に機能性材料事業部長、高機能材料技術二部長、新事業開発部長となります。2011年には経営企画担当、人事・総務担当、経営企画統括部門長、経営企画部長、機能性材料事業部長、技術グループ長となったのち、取締役常務執行役員および経営企画担当、人事・総務担当に就任します。2012年に取締役専務執行役員および経営企画担当、人事担当、生産担当に就任後、2013年に日本ゼオン株式会社の代表取締役社長として就任します。
田中公章氏は、大学院を卒業後日本ゼオン株式会社に在籍しており、起業した経歴はありません。今後の夢としては、合成ゴム事業のさらなる推進に加え、携帯電話やテレビ向け光学フィルムなどの事業でグローバル展開を進めグローバル展開を進めることとしています。

                    
             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です