仕事で紡ぐ物語

辻田泰徳の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

PublicDomainPictures / Pixabay

芙蓉総合リース株式会社という会社は総合リース業を請け負っている企業です。
リース業というと一般的にはあまり知られていない業種ですが、事業内容としては産業機械や設備等の物品を使用者に変わって調達しそれを賃貸する事業の事を指します。
この事業内容のうち特定の条件を満たした条件で賃貸する事業所の事を総合リース業と呼んでおり、消費者の間では馴染みのない業種ではありますが産業を根元から支える大事な事業になっています。
その根元の一角を支えている芙蓉総合リース株式会社の代表取締役社長を務めているのが辻田泰徳です。
芙蓉総合リース株式会社は大手銀行のグループ企業として存在しているため、様々な経験を積んでいる方が役員として起用される傾向が強く、辻田泰徳も2015年6月に取締役を退任されながらも副社長兼副社長執行役員の役目を見事に務めており、2016年4月には社長兼社長執行役員としての立場を確立する事になりました。
この他にも芙蓉総合リース株式会社は銀行関係者の中から執行役員に就任するという経歴の持ち主が数多く存在し、人材の豊富な層を築き上げている優良な企業として多くの方に知れ渡っています。
総合リース業そのものは古くから存在しており、その時代の変化とともに芙蓉グループ6社を株主として起業したのがこの芙蓉総合リース株式会社なのです。
学生時代の辻田泰徳は経営者としての広い視覚を持ち合わせていない自分とインタビューで語っており、夢を持つという要素からはかけ離れた生活をしていました。
しかし銀行業という人々の生活に密着した事業に関わる事で、人の繋がりを多様な相談に真摯に取り組む事で確かな経営への可能性を模索していました。
その経験はリース業のビジネスで存分に発揮する事となり、あらゆる企業の事業を助ける結果となり自分自身の糧となっていきました。
芙蓉総合リース株式会社はリース業務がビジネスの主軸となってはいますが、各種コンサルたティング業務も行っており辻田泰徳の経歴による経験を存分に生かす形で業務形態を構築する事に成功し、まだまださらなる発展を遂げる可能性ある企業としてビジネスの裏方として多くの企業を支えています。
このビジネスの形は辻田泰徳の夢という形ではなく、一つのビジネスプランとして長い経験の中から導き出された答えとして多くの企業を導いているので機械設備等の運用を行っている企業は積極的に取引を持ち掛けてみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です