仕事で紡ぐ物語

入浴が変わる!人工炭酸泉製造装置とは

入浴が変わる!人工炭酸泉製造装置とは

スーパー銭湯といった温泉施設では、「炭酸泉」や「炭酸風呂」というお風呂に入る事ができます。炭酸泉には体に良い効果があると言われており、人気の高いお風呂の1つです。人工炭酸泉製造装置を使えば温泉やお風呂を扱う施設はもちろん、一般家庭でも炭酸泉に入れます。ここでは炭酸泉の効果や人工炭酸製造装置の特徴などをご紹介しましょう。

炭酸泉の効果とは

炭酸泉は名前の通り、二酸化炭素が溶け込んでいるお湯のことです。温泉法によれば、1リットルのお湯に対して0.25グラム(濃度250ppm)以上の二酸化炭素が溶け込んだものを、炭酸泉と定義されています。濃度1000ppm以上のものは高濃度炭酸泉と呼ばれ、一般的に濃度が高いほど効果も高いとされています。入浴すると細かな泡が肌に密着し、ラムネや炭酸水のようにパチパチと軽い刺激を感じます。炭酸泉は実際の温度よりも約2~3℃も温かく感じるため、ややぬるいお湯でも十分な保温効果に期待できるでしょう。

低温で長めに入ると体の芯から温まり、入浴後も長時間ポカポカした状態が持続します。これは医学的にも他の温泉には持たない作用と認められており、幅広い分野で活用されています。気温が下がる時期や冷え性に悩む方には適したお風呂と言えるでしょう。

炭酸泉の歴史

炭酸泉は19世紀以前から世界中で親しまれていました。特にドイツやイタリアといったヨーロッパ諸国は天然の炭酸泉が豊富で、療養や美容などの目的で活用されていたそうです。生理学的な効能の研究は19世紀後半から始まったとされています。炭酸泉に恵まれていたドイツでは特に研究が盛んに行われており、バードナウハイム温泉をはじめ、専門の治療施設やクアハウスなどの研究施設が設置されています。

日本では江戸時代末期頃に西洋の温泉医学が伝わり、炭酸泉の研究も行われるようになりました。国内の天然炭酸泉は数が少ないので貴重な存在であり、ドイツで温泉治療を学んだ研究者により発見されています。

天然炭酸泉と人工炭酸泉の違い

炭酸泉には天然と人工のものがあります。天然炭酸泉は、二酸化炭素が含まれたまま自然に湧き出している温泉のことです。国内で良質な天然炭酸泉と知られているのは、大分県竹田市直入町にある長湯温泉です。二酸化炭素は高温のお湯だと溶けにくい性質を持つため、火山活動が活発で泉湯が高い日本では天然の高濃度炭酸泉はとても珍しいとされています。しかし、長湯温泉は高濃度炭酸泉の条件を満たしており、高い効果が得られます。

世界ではドイツなど泉温が低いヨーロッパを中心に天然炭酸泉が豊富です。中でも古くから温泉治療を研究するバードナウハイム温泉は温度や成分がそれぞれ頃なる温泉が13種類もあり、世界中の人が足を運んでいます。

人工炭酸泉は人工炭酸泉製造装置を用いて、通常のお湯に二酸化炭素を溶け込ませたお湯です。二酸化炭素は高温だと大量に溶け込ませることは困難ですが、人工炭酸泉製造装置は特殊技術を用いているので、高濃度炭酸泉を人工的に作れます。

人工炭酸泉製造装置の特徴

人工炭酸泉製造装置は全身浴タイプから部分浴タイプ、大型浴槽用と様々なラインナップがあります。設置する場所も屋外や屋内、脱衣室に設置するタイプがあるので、ニーズに合わせて選べます。全身浴タイプは1人用の浴槽に適しており、部分浴タイプは足湯やフットケアなどに最適です。大型浴槽用はスーパー銭湯やスポーツ施設といった施設の大浴場に使えます。

また、人工炭酸泉製造装置には「かけ流し方式」と「循環式」の2種類があります。かけ流し式は給湯器から排出される新しいお湯を装置に流し、炭酸泉を発生させる方式です。一方、循環式は浴槽に張ったお湯を装置に取り込み、二酸化炭素を溶け込ませて炭酸泉を発生させる方式になります。お風呂にはいつでも入浴可能な24時間風呂や、気泡やお湯を噴射するジェットバスといった機能が備わっている場合があります。これらの機能は二酸化炭素の浪費につながるので、併用は避けるようにしましょう。

人工炭酸泉製造装置は色々なところで導入されている

炭酸泉は美容や健康増進の目的でも注目を集めています。そのため、人工炭酸泉製造装置は温泉施設だけに留まらず、医療機関や介護施設、エステサロン、フィットネスクラブなどでも導入されています。施設に導入すれば高濃度炭酸泉の効果を体験した人を中心に集客効果を見込めるでしょう。また、1人用の浴槽に対応した全身浴タイプなら、取付工事をせずに導入できる人工炭酸泉製造装置もあるので一般家庭でも導入可能です。わざわざ温泉施設に行かなくても、自宅でいつでも高濃度炭酸泉に入れます。

このように、炭酸泉は古くから世界中で活用され、人々の健康や美容を支えてきました。効果は医学的に認められており、毎日の入浴に活用すれば冷え性などの不調改善や高いリラックス効果を得られます。入浴を変えたいと思っている方は、人工炭酸泉製造装置の導入してみてはいかがでしょうか。

関連記事⇒株式会社ジュテム(社長:谷尾和昭)の社名の由来と家庭用人工炭酸泉製造装置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です