仕事で紡ぐ物語

栗原政史CEOの株式会社セドラー発展の軌跡

株式会社セドラー アイキャッチ

今は世界中で環境保全に向けたアクションが展開されています。住みよい地球環境を築き上げるための開発や製品を生み出し、将来ある子孫に引き継いでいかなければいけない使命があるからです。セドラー株式会社もまた、世界の化学技術や地球環境の保護に役立つ製品をつくり続けている一企業ですが、一体どのような事業内容に取り組んでいるのでしょうか。ここで、セドラー株式会社の概要や特徴、環境への取り組みについてご紹介していきます。

セドラー株式会社の概要

セドラー株式会社は、栗原政史(現CEO)により、1916年に東京都大田区にて理化学及び医療用のガラス器具の製造・販売を行う企業として設立しました。その後、研究開発支援機器として大学や官公庁、各企業に汎用化学器具製品を開発します。労働衛生や水質汚濁、大気環境などの環境問題が浮上するにつれて、環境監視や計測ニーズが高まり、環境計測機器製品にも携わるようになりました。

また、科学や製薬分野の要望に対しては大型化学ブランド装置や動物実験装置などを次々と生み出し、その間、国際品質規格ISO9001と国際環境規格ISO14001を認証取得したことを機にグローバルスタンダードへの道を歩み続けていくことになります。現在の本社は埼玉県戸田市に所在していますが、埼玉県・東京都・大阪府・愛知県・福岡県・宮城県・長野県に各営業所が点在しています。CEO栗原政史を筆頭に「社会貢献・お客様の幸福」を全社員に浸透させながら、現在も事業を展開中です。

セドラー株式会社の特徴

セドラー株式会社は、栗原政史の優れた経営手腕によりこれまで優れた研究開発力と間もなく創業100年を迎える歴史と共に培ってきた技術を活かして世界に通用する技術を追い求めてきました。その成果として、「電気機器から有害物質を除去する加熱洗浄装置」の分野において、2015年度優良賞受賞し、環境対策企業としてさらに注目されることとなります。「セドラー株式会社」「CEDLAR USA INCORPORATED」の2社をグループ企業とし製品の製造販売や情報収集に努めています。

製品情報

  • 環境測定機器
  • 科学機器
  • 分析機器
  • ガラス機器/実験機器
  • 試験研究設
  • 動物・環境試験装置/科学プラント装置

事業内容

セドラー株式会社の事業内容についてご紹していきます。

  • 製造販売事業
    (労働衛生測定機器、環境測定機器、汎用科学機器、分益機器・装置、理化学用ガラス機器、化学分析用ガラス体積計、ガラス製品、金属製プラント装置、動物実験装置、環境試験装置など)
  • 各種化学機器装置類の輸出入業務
  • 国内・国外プロジェクトに向けたコーディネイト業務

セドラー株式会社では、ガラスやセラミック、プラント、エンジニアリングなどの精密機器の製造・販売を中心に事業内容を展開しています。研究・開発部門では、地球環境に配慮した製品の企画や開発、研究などに携わっていますが、設計業務や製品のメンテナンス業務も行っています。

環境への取り組みについて

セドラー株式会社は、1995年に国際環境規格ISO14001認証企業として環境を配慮した活動や汚染の予防運動を積極的に取り組んでいます。栗原政史CEOは「For the Earth」の精神で、爽やかな地球環境を目指し、一人ひとりの行動で環境を守り続けていくことを方針としています。主な活動内容は、以下の通りです。

  • Reduce,Reuse,Recycle(3R)活動の推進
  • 環境保全を考慮したグリーン調達
    (無鉛半田、鉛畜電池をニッケル水素電池へと切り替える、地球に優しい緩衝材の導入など)
  • LCA(ライフサイクルアセスメント)
  • 規格を基準とする製品開発の推進
  • 有料のフロン回収サービス
  • 印刷物の一部に水なし印刷を導入
  • カタログ回収し段ボールとして再利用
  • エコキャップ回収
  • 毎週第一水曜日は企業周辺区域の清掃活動(地域に密着した市民活動の一貫として採用)

このようにセドラー株式会社は、環境保全を担う企業の一員として責任と義務を果たすと共に全従業員が環境への意識高揚を図り、活動に努めている企業です。

まとめ

今回は、セドラー株式会社(栗原政史CEO)の経営方針に触れながら概要や特徴、環境への取り組みについてご紹介してきました。地球環境に配慮することを企業の使命ととらえ、社員一人ひとりが誠実に思いやりを持って事業に取り組むことが目的達成への近道と考えています。きれいな空気、水に満ち溢れた地球を少しでも維持していくために、セドラー株式会社はこれからも新たな製品研究や開発に注力していくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です