仕事で紡ぐ物語

信和建設株式会社の強みとは?

shinwa2

信和建設が他社と比べて優れている理由

信和建設が他社と比べて優れている理由には、どのようなものがあるのでしょうか。そのポイントとして挙げられるのが、以下の3つです。

提案力

これまで、信和建設ではマンションをはじめとして、ホテルから介護施設、貸し会議室、天然温泉施設、パーキングなど、さまざまな不動産事業の企画や経営を行ってきました。これは、これから土地活用をしたいと考える顧客と、同じ目線を共有できることを意味しています。そして、そのうえで蓄積してきたノウハウを提供することで、そのニーズを最大限に叶えることができるという裏付けにもなっているのです。

信和建設の本社ビルは1階が店舗、2階はオフィス、3階が貸し会議室、4階以上が賃貸マンションとなっています。
信和建設が推奨する土地活用法はビジネス街の中心地や駅に近い立地に複合施設を建設することで、より家賃収入が高くて収益性の高い建物づくりを行うという方法です。

信和建設ではそのような企画提案を行っています。土地活用の際、建物のオーナー様が不安に思われる点が、実際に建てた建物の運用がうまくいくかということだと信和建設では考えられており、その点についての企画提案が行われているのです。例えば、豊かなコミュニティづくりを意識し、新大阪の賃貸マンションのドルチェヴィータ新大阪の最上階には、ひなたの湯という天然温泉施設を備える賃貸マンション建設の提案がなされています。

信和建設ではこのような豊かなコミュニティづくりを意識し、保育所付き賃貸マンション・高齢者向けのマンション・グループホームが隣接し合う世代を超えた複合プロジェクト開発も行われました。具体的な提案事例などを通じ、信和建設では未来型の土地活用が企画提案されています。

募集・管理力

マンションなどを安定して運営していくうえでもっとも重要なのが、入居率です。全国平均では81.1%というその数字を、信和建設では95%とはるかに上回っています。これは自社の建築にかかわらず、運営をまかされたすべての物件を合わせたデータです。この数字を見るだけでも、その募集・管理力の高さははっきりしているでしょう。

では、なぜそのような高い入居率を維持できるのか。その裏付けとなっているのが、戦略的なリーシング活動やトラブル回避への配慮です。信和建設では、マンションのエリアごとの需給、競合物件、入居者の意見、仲介店舗からのレスポンスなど、あらゆるデータを収集、分析し、それをもとに、物件のセールスポイントを割り出して、的確で効率的な広告戦略を取っています。

また、自社に仲介管理部門「みつけや本舗」をもうけ、日々の清掃やメンテナンスは万全。さらに、弁護士や税理士などの専門家と協力することで、徹底的に住民とのトラブル回避につとめています。こうした細かい配慮を欠かさないことで満足度を高め、入居者を離さないようにしているのです。

商品力

入居の決め手となるのは、やはり最後はマンションの品質としての高さでしょう。
信和建設では、国土交通省が推奨する「スケルトン・インフィル住宅」に最適な逆梁工法をさらに進化させた、「ルネス工法」を積極的にすすめています。この工法では、床を支える束を取り払うことで高さ60cmの床下空間を実現。結果的に天井も高くなり、広々とした明るい居住スペースになるのです。

信和建設では、このルネス工法を採用したルネスマンションによって、他社との差別化をはかっています。さらにルネス工法は床下の収納や、階下との遮音性にもすぐれ、配管や配線のメンテナンスをしやすいため、それがコスト削減にもつながっています。また、間仕切りや配管を移動させやすく、水回りをふくめた大胆なリフォームにも適応しています。

スキップフロアなど、時代のニーズに合わせた柔軟なプランを立てることも可能です。まさしく子や孫の代まで受け継がれる、長期優良住宅といえるでしょう。信和建設では、2013~2015年にかけてこのルネス工法による年間着工戸数が全国トップです。こうして資産価値を高めることで、より高い収益率と入居率を維持することができているのです。高品質な物件は、入居者へのアピールはもちろん、オーナーにも多大な利益をもたらしてくれます。このような3つの強みを前面に押し出すことで、信和建設には他社にはない強力なアピールが可能となっているのです。

信和建設の事業内容

不動産というのは、ただ所有しているだけでは資産としての価値は高められません。それどころか、固定資産税や相続税、さらに維持費や管理などのコストがかさむことで、むしろマイナスを生んでしまうケースさえあるのです。

信和建設では、土地を最大限に活かす提案を行っています。たとえば、すでに不動産を所有している方であれば、リニューアルによって新たな価値や用途を付け加える活用法がすすめられます。時代の変化で古びた物件であれば、外装の塗り直しや壁紙の張り替え、設備の変更などのリフォームを施し、新築と変わらない資産価値を取り戻します。あるいは、さらに大規模なリノベーションで、部屋割りや間取りを変更。建物自体の性能をアップすることで、以前より資産価値を高めることもできます。

さらに、建物を取り壊して新しく建て直す方法も考えられます。信和建設では、ニーズに合わせた土地活用、投資プランを無料で提案しています。建物のリニューアルも有効なプランの一つです。変化がめまぐるしい今の時代、建物は、見た目の劣化や設備の老朽化だけではなく、外観のデザインや間取りが時代にそぐわなくなって、収益性が悪化するケースが増えています。

信和建設は、そんな物件に手を加えることで、魅力的で利便性の高い建物に生まれ変わらせます。建物を取り壊して新たに建て替える方法もありますが、最近では、建物を新築の状態に復旧させるリフォームと、機能的な面を刷新させるリノベーションを組み合わせるリニューアルが注目されています。

リフォームでは、外観の修復や設備の入れ替えなど、基本的な面を新築物件同様に復旧させることで、建物自体の資産価値をアップさせます。リノベーションでは、間取りの変更など、大胆な工事を行うことで、時代のニーズに合う収益性の高い物件としての価値を高めます。

確実な収益をもたらすためには、リノベーション後の運営対策はもちろん、事前の市場調査も欠かせません。信和建設の建物リニューアルでは、総合的なプランを立て、時代に合った価値や用途を見出すことで、古びた建物を良好な収益をもたらす物件へとつなげていきます。

一方、現時点では不動産を所有していない方には、投資を始めることをおすすめします。たとえば、賃貸用のマンションを購入することで賃料収入を得たいとします。そのためには、分譲マンションを1部屋から複数購入する区分所有や、マンション1棟全体をまるまる購入する方法があります。あるいは、土地を購入してから賃貸物件を建築することもできます。その目的が、老後に備えての年金代わりなのか、あるいは相続税対策なのか、より積極的に会社として経営していくのか。それによって、選ぶべき方法も変わってきます。

このように、「土地活用」とひと口に言っても、方法はさまざまです。物件自体にも、マンション以外に、温泉浴場や飲食店、貸し会議室、スポーツ施設、駐車場、あるいは介護施設など、いくつも種類があります。このような選択肢のなかから、顧客のニーズ、資産状況、そして土地の条件などを考慮して、最適なものを選んでいかなければいけません。

また、運用にあたって考えておかなければいけないのが、空室などのリスクです。入居率が低ければ収益性は下がり、結果的に資産価値も低下します。少子高齢化を迎える今後の日本では、特に入居者の確保は最重要課題といえるでしょう。

信和建設では、そのための市場調査や事業計画をあらかじめ十分に行って、より長い目でとらえた資産形成のためのアドバイスを行います。さらに、購入後や建設後もスムーズな運営を行えるように、土地所有者とのコミュニケーションや、パートナーとなる事業者の選定まで、徹底的にサポートしていきます。このように、土地の売買から施工、仲介、管理、経営まで。すべての面にわたって、ワンストップでベストな解決していくのが、信和建設の事業の最大の特徴といえます。

信和建設では数多くの社会貢献活動に取り組んでいることも、企業としての特徴の1つでしょう。中でも2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援活動にも力を注いでおり、複数回に渡って社員を被災地に派遣してボランティア活動に取り組みました。寄付金だけを行う企業が多い中、現地の惨状を確認し、困っている人々に手を差し伸べる活動を行ったことは高く評価すべきと言えるでしょう。

その他にも石巻市に自主放送用スピーカー4台の設置を行い、さらに熊本地震の折にはペットボトル入りの水をすぐさま送るなどの形で支援。この水は炊飯調理等において使用され、沢山の人々を陰で支えました。地域活動としては豊中市災害応急措置協力会に加盟し、さらに豊中市社会福祉協議会会員、豊中地区更生保護協会会員としても活躍し、本社にはAEDを設置。阪急駅構内に設置されたAEDボックスのスポンサー活動を行っていることでも有名であり、日本赤十字会献血イベントにも積極的に協力しています。

スポーツ支援活動においては、2011年に信和建設バスケットボール部を設立。現在では全日本実業団バスケットボール選手権大会にも出場を果たすほどの強豪として名を馳せ、信和建設カップの開催等を通じて青少年育成やスポーツ普及活動にも取り組み、地域の活性化にも一役買っています。自社のことだけでなく、社会全体のことも考えて活動している点が、企業としての魅力だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です