仕事で紡ぐ物語

山木一彦の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

pixta_25729073_M

山木一彦は起業家ではありませんが、理研ビタミン株式会社の社長という輝かしい肩書を持っています。
学生時代から東北大学農学部を先行する等人の生活のライフラインを司る分野を中心に勉学に励んでおり、その経歴の影響からか卒業後に株式会社理研ビタミンに入社する事になります。
山木一彦は自分が専攻した分野を糧にする事を得意としており、2010年にはその輝かしい経歴の一部に理研ビタミン株式会社の取締役の肩書が加わる事になります。
さらに2014年には同社の常務になり、2016年6月24日をもって見事社長に就任するほどの活躍を見せています。

理研ビタミン株式会社の主な事業内容は調味料の販売をしており、人気商品であるわかめスープやノンオイル青じそドレッシングは全て株式会社理研ビタミンが開発した商品です。
山木一彦はその農学等ライフラインに干渉する専攻していた事から、学生の時の夢として自分の専攻している事をビジネスに生かしたいと思っていた事を思わす行動を次々に起こしておりそれが見事結果に結び付いた形になっています。
その証拠として理研ビタミン株式会社の経営理念に創造力や視点等、自分の経験生かした新しい発想を使用という考えが提示されており山木一彦社長としての理想像が見える形になっています。

この理想は現実のものとなっており、理研ビタミン株式会社では様々なヒット商品を生み出しそれを世界的に出荷しているため食品メーカーとしてこれ以上ないほどの成功を収めていると言えます。
理研ビタミン株式会社は調味料メーカーという枠組みになってはいますが、販売されている商品の種類は多岐に渡りよりおいしい物を消費者に提供するための商品が販売されている傾向があります。
最近の人気商品としてはマーボー豆腐の元として販売しているマボちゃんがマスト商品になっており、辛口だけでなく様々なな辛さのバリエーションを販売しているので辛党だけでなくあらゆる人の胃袋を満たす事に成功しています。
この他にも事業内容として多くのおかず調味料を販売しており、大学で専攻したいた学問が見事に役立っている会社として消費者だけでなく関連会社からの評判を獲得しています。
2017年には58歳を迎える山木一彦はこれからさなる経歴を世に刻むため、新たなビジネスチャンスを模索しさらに理研ビタミン株式会社を発展させていこうと計画しているので非常に注目すべき企業であると言えます。

また自身で起業しているわけではないので、新たな可能性を模索するべく起業するという新展開も期待できるため食品メーカーに勤めている方やよく利用する商品がある方は一層注目しておく事を強くお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です