仕事で紡ぐ物語

林康雄の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

bogitw / Pixabay

“日本の動脈ともいうべき事業は様々な物が存在し、それを統括する方はあらゆる能力に長けていなくては務まりません。
特に建設業や運営業いった業種な人々の未来への夢を実現するための原動力でもあるため、より責任感のある職業となっている事は確かです。
林康雄はこの夢が詰まった業種の中で建設業の社長であり、学生時代から工業に全てを捧げた人物でもあります。

経歴としては1975年に東京大学工学部を卒業し、そこからすぐに国有鉄道に入社する事になります。
学生の時に起業したわけではないので、関連した能力に関しては未知数な所がありますが、工業系の大学を卒業し国有鉄道に入社後2000年にJR東日本総合企画部本部投資計画部長に就任した経歴は、確かな企業の運営能力を有している証でもあり多くの関連企業の方から注目されている存在でもあるのです。
また2003年には理事八王子支社長に就任し、ここから林康雄の怒涛の就任劇がスタートします。
まず最初に林康雄は2006年に建設工事部長に就任し、その一年後の2007年には取締役に就任しています。
その後も工業関係の企業で刻む経歴のページを着実に増やす事になり、ついに2009年には常務鉄道事業本部副本部長にまで就任し社長へのステップアップを射程圏内に収めます。
その後副本部長としての実績を積み上げ、2013年には鉄建代表取締役執行役員副社長に就任しその一年後の2014年にはついに鉄建建設の代表取締役社長に就任し名実ともに鉄道建設のトップとして君臨しています。
鉄建建設の主な事業内容は創業時から変わらず、鉄道建設を主に行っており軌道舌に横断構造物を敷設する新しい工法の一つである本設利用PC工事桁工法を開発している企業でもあります。

この様に新しい建設方法を開発している姿勢は林康雄の経歴のように常に新しい事にチャレンジする姿勢が反映されている形となっており、鉄建建設株式会社をさらに反映させている原動力になっています。
新卒で入社した国有鉄道は鉄建建設株式会社の筆頭株主であり、両者の企業間の関係は極めて良好になっています。
経済の影響で一時期筆頭株主が変更された時期もありましたが、鉄建建設株式会社の経営は良好で新しい工法開発の注目度も相まって最も成長が期待されている企業の一つになっています。
この様に林康雄が築き上げてきた経歴は、日本の発展に大きく貢献しておりこれからも日本の動脈としてさらなる進化を遂げる企業である事は間違いありません。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です