仕事で紡ぐ物語

八幡欣也の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

PIX1861 / Pixabay

電気エネルギーが登場して人々の生活の利便性は大きく向上されました。
それ当時に時代の進歩とともに電気エネルギーを利用した様々なシステムやサービスが開発され提供されています。
八幡欣也が取締役社長を務めている株式会社サンテックでは、電気エネルギーを利用した様々な事業内容を展開しています。
主な事業内容として多くの方に注目されている事業が内線部門と呼ばれている分野で、ここではセキュリティシステムや防災システムの施工を行っており最新技術の夢が詰まった設備を提供しています。

施行事例としては老人ホームや中学校の太陽光発電設備をはじめ、警察病院や清掃工場に関係した設備の施工も行っているのでより多くの方に認識されている企業でもあります。
この企業がここまで充実した施工が行えるようになったのは現在の株式会社サンテックの社長である八幡欣也の力が大きいとされており、昭和38年に八幡欣也が取締役になった時からこの株式会社サンテックの成功は決まっていたとさえ言われています。
というのも八幡欣也が社長になる昇進するスピードは非常に早く、取締役になってからというものその6年後には新しく常務の経歴を記録し、さらに4年後には専務の経歴を人生の新たな1ページに刻むという就任劇を展開しているのです。
その後もこの人の評価は変わらず昭和59年には取締役副社長に就任し、社長の座まであと一歩という所まで上り詰めます。
その後昭和61年には取締役社長になり様々なサービスを提供していますが、まるで株式会社サンテックを経営するために生まれてきたような就任劇は多くの企業内外の方からの評価を獲得する事に成功しました。
この影響もあり現在の株式会社サンテックでは様々な建造物に存在する設備やシステムの施工に携わる事ができ、業績を一気に伸ばしています。
現在の社長はサンテックを創業したわけではないので、起業能力に関しての評価をする事はできません。
しかし経歴に存在する輝かしい就任劇と、見事な経営戦略は仮に起業するとするならば絶大な信頼を周囲から獲得する事になり円滑な企業運営を行う事ができるのは間違いありません。
株式会社サンテックでは内線部門の他にも海外部門や情報通信部門が設立されているので、今後これらの部門で提供できる事業を増やし新たな事業内容を模索していく気配すら見せています。
なので今後自分が管理している建造物に設備やシステムの配置を考える場合は、株式会社サンテックへ依頼する事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です