仕事で紡ぐ物語

八幡欣也の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

PIX1861 / Pixabay

八幡欣也氏は株式会社サンテックの取締役社長を務める人物です。株式会社サンテックは主に電気設備工事を担う会社ですが、その会社をまとめている八幡欣也氏はどのような経歴を持つ人物なのでしょうか。今回は株式会社サンテックの事業内容や起業の経緯、さらに八幡欣也氏の経歴についてご紹介しましょう。

株式会社サンテックについて

八幡欣也氏が現取締役社長を務める株式会社サンテックは1948年に設立され、本社は東京都千代田区にあります。主に電気設備工事をメインに各種設備の建設から機器製品の製作や販売を手掛けている独立系会社です。日本国内に留まらず、シンガポールや台湾などアジア8カ国に拠点を設置し、海外事業も積極的に展開しています。各国に対して技術力の向上や環境整備に貢献しており、国際企業としても評価は高いです。早い段階から地球温暖化対策とリサイクル関連の法令などに対応しており、内線部門と電気部門ではISO認証も取得し、環境関連事業も力を入れています。

株式会社サンテックの沿革

株式会社サンテックは、1937年1月に広島市にて初代・八幡貞一氏が「満長組」を創業がしたことをきっかけに誕生します。創業当時から電気設備工事を中心に事業を展開しています。9年後の1946年9月に「山陽電機工業所」に改称され、1948年10月に現・株式会社サンテックとなる「山陽電気工事株式会社」が設立されました。なお、現在の社名に変わったのは1992年3月です。

設立後、本社は東京千代田区に移動され、大阪営業所を大阪支店へと昇格、広島電気工場を設置するなど拠点を広げていきます。1973年5月から東証二部に上場を果たしており、この時点でそれなりの規模と業績を上げていたことが分かるでしょう。国内で営業所や支店、工場を増やしつつ、1975年にはシンガポール支店を開きました。その後もブルネイやマレーシアなどに関連会社や支店、駐在員事務所などを設置し、海外事業の展開も精力的に行っています。

取締役代表・八幡欣也の経歴

八幡欣也氏は1963年に取締役に就任しており、6年後の1969年には常務となり、日常業務をこなしながら社長の補佐を務めていました。4年後の1973年には専務となり、業務全般の管理を手掛けていた経歴もあります。社内での評価は高く、1984年に取締役副社長に就任しました。そして、2年後の1986年に取締役社長となり、現在も会社のトップをして活躍されています。経歴を見る限り社長に就任するまでのペースは速く、社内外から高い評価を得ている優秀な人物であることが伺えるでしょう。

主な事業内容

株式会社サンテックでは各種設備の部門を設置しています。では、各部門でどのような事業が取り組まれているのか、主な事業内容を見ていきましょう。

電力部門

創業当時から技術革新に対応した送電線工事をメインに発展している部門です。日本国内の全電力会社の送電線工事を手掛けており、さらに海外の電力事業者に対してもニーズに対応した電力流通設備の設計から施工を行っています。近年は地球環境の保全に配慮し、風力発電などの設備工事への参入も果たしました。

内線部門

公共施設やオフィスビル、商業施設、医療・福祉施設など幅広い施設で、電気設備や計装設備の設計から施工を手掛ける部門です。快適な居住性、セキュリティ、防炎システムといった安全性を考え、高度情報社会に対応する現代に適した設備設計と施工を行っています。環境関連事業も行っており、太陽光発電設備や省エネ、ESCO事業の企画や提案、設計に施工までトータルでのサポートが可能です。

情報通信部門

光ファイバー通信網の建設からモバイル無線設備の調査に設計・施工と、多様化する情報通信設備の関する事業を手掛ける部門です。通信線路の設計や工事だけではなく各種申請や許可の取得、通信局舎の設置、内装工事、検査など、通信事業者の要望に合わせたサービスを手広く提供しています。

空調/管工事部門

各種施設内に設置される空調換気設備に給排水衛生設備、消化設備の設計から施工を手掛け、安全かつ快適な空間を実現している部門です。提案から保守や改善といったサービスも提供しており、CO2削減を可能とするシステムの導入をサポートする事業も展開しています。

ファクシリティサービス部門

他の部門を協力し、電気・空調・衛生設備や設備が設置された建築の内装リニューアルをトータルに対応している部門です。また、省エネルギーに対しての企画・提案から設計、施工まで行っており、環境関連事業の相談などにも対応しています。

電機工事部門

環境施設に農業の現場、産業施設、ビル、工事現場などに対して、各設備の稼動に必要となる電気制御システムを開発し、製作している部門です。他にも顧客の要望や現場ニーズに応じたシステムやハードウェア、ソフトウェアの開発も行っており、満足度の高い製品を提供しています。

まとめ

株式会社サンテックは歴史が長く、常に技術力の向上や革新に追及しながらサービスを提供しています。電気設備や通信設備などは人々の生活にも関わるものであるため、社会に大きく貢献している会社であると言えるでしょう。社長の八幡欣也氏はこれまで様々なサービスを提供し、会社をより大きくしていきました。現在も成長を続けている会社なので、今後も八幡欣也氏の優れた経営手腕に注目してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です