仕事で紡ぐ物語

錢高久善の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

kropekk_pl / Pixabay

企業の未来性等を考慮すると新しい人材は発掘していく必要性があります。
ただしそれには採用に関係してくる環境や人材を用意しなくてはならないため、中々人材を育成する方向性に力を入れる事ができません。
そこでもっとも効率的に優秀な人材を作り上げる手段として挙げられる方法が、家族等の親族を社員として迎い入れて育成するという方法です。
事業内容として建設工業を営んでいる株式会社錢高組ではこの親族関係での人材発掘で、目覚ましい発展をした実績を持っているのです。

株式会社錢高組は起業されたのが1705年と古くから日本の建設業に携わってきた錢高一族が誇りとしている企業なのですが、近年代錢高久善取締役副社長役員事業統轄本部建築事業本部長兼総合企画統轄部総合企画部長が社長に就任し新たな体制で会社経営をスタートしました。
前任の社長は錢高久善の父である錢高善雄が務めていたのですが、42歳になるまで会社で数々の経歴を残した息子の錢高久善に新たな株式会社錢高組を構築してもらおうとその座を譲りました。
株式会社錢高組のこういった世代交代の経歴は記録に残っている範囲で1800年頃から行われており、家族全員で家族の夢の結晶である会社経営を続け2015年には創業310周年を迎えました。
また2017年になっても家族で作り上げた夢の結晶は建設業の最先端を歩み続けています。
創業以来どの社長も語っている事は信用第一と堅実経営、積極的精神と和気共同という社是で、携わった仕事の結果を無事故無災害で顧客に渡す事で最優先で考えて企業の経営をしています。

そのため企業間だけでなく、一般の方への認識も高くなっており先代の社長達が築き上げた夢を見事に守り抜いています。
事業内容としては住宅やオフィスビルだけでなく教育施設や文化研究施設等の学務機関のための建造物も手掛けており、さらにはスポーツやレジャー施設の建築にも携わっているので、建築の事であれば株式会社錢高組に相談を持ち掛ければ間違いはないという認識が広く広まっています。
“企業の未来性等を考慮すると新しい人材は発掘していく必要性があります。

ただしそれには採用に関係してくる環境や人材を用意しなくてはならないため、中々人材を育成する方向性に力を入れる事ができません。
そこでもっとも効率的に優秀な人材を作り上げる手段として挙げられる方法が、家族等の親族を社員として迎い入れて育成するという方法です。
事業内容として建設工業を営んでいる株式会社錢高組ではこの親族関係での人材発掘で、目覚ましい発展をした実績を持っているのです。
株式会社錢高組は起業されたのが1705年と古くから日本の建設業に携わってきた錢高一族が誇りとしている企業なのですが、近年代錢高久善取締役副社長役員事業統轄本部建築事業本部長兼総合企画統轄部総合企画部長が社長に就任し新たな体制で会社経営をスタートしました。
前任の社長は錢高久善の父である錢高善雄が務めていたのですが、42歳になるまで会社で数々の経歴を残した息子の錢高久善に新たな株式会社錢高組を構築してもらおうとその座を譲りました。
株式会社錢高組のこういった世代交代の経歴は記録に残っている範囲で1800年頃から行われており、家族全員で家族の夢の結晶である会社経営を続け2015年には創業310周年を迎えました。
また2017年になっても家族で作り上げた夢の結晶は建設業の最先端を歩み続けています。
創業以来どの社長も語っている事は信用第一と堅実経営、積極的精神と和気共同という社是で、携わった仕事の結果を無事故無災害で顧客に渡す事で最優先で考えて企業の経営をしています。
そのため企業間だけでなく、一般の方への認識も高くなっており先代の社長達が築き上げた夢を見事に守り抜いています。
事業内容としては住宅やオフィスビルだけでなく教育施設や文化研究施設等の学務機関のための建造物も手掛けており、さらにはスポーツやレジャー施設の建築にも携わっているので、建築の事であれば株式会社錢高組に相談を持ち掛ければ間違いはないという認識が広く広まっています。
また事業内容としては民間企業や団体に向けた建築物の建造がメインになってはいますが、行政が使う庁舎等の建造物も株式会社錢高組が関わっている事が多く東京都や大阪を始め、多くの都道府県でその立派な建造物を見る事ができます。
建造物はなにより安全性という信頼が重要になってきますが、それは仕事を継続して少しずつ獲得していく要素なので建造物の信頼度に関しては1700年代から起業した株式会社錢高組の右に出る企業はいないと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です