仕事で紡ぐ物語

藤井清隆の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

Thor_Deichmann / Pixabay

あらゆる物が流通するようになり人々の生活は便利になりましたが、反対に新しい事を考えるという事が難しくなってきました。
利便性の高い世界で如何にして新しい物を造りだして利益を得るかは多くの企業がテーマとしている事です。
この考えを起業へのエネルギーとして事業展開をする試みをベンチャーと呼び、藤井清隆はこの原動力をサポートしようと海外で奮闘しています。
経歴としてはベタープレイスという電気自動車の使用を促し石油依存である生活を改善しようと活動を行っている企業の、日本支部社長を務めていた人です。
石油依存を無くすことで燃料費を削減できる側面を持ち合わせていたため、事業内容に賛同する方も多く企業としては夢の活動を行っているベンチャー支援企業として認識されていました。
ベタープレイスは2013年に会社組織解散と清算を表明し、裁判所に破産管財人の氏名を申請したため存在しない企業になってはいますが藤井清隆にとってベタープレイスの日本支部社長を務めた経歴は今現在でも自信を持って語っており、新たな藤井清隆としての経歴を築きあげるべく活動を活発化させています。
過去のインタビューではたびたび自動車メーカーによる電池交換システムの開発が急務である事を力説しており、実際の車メーカーを事例にあげて事細かに現在の車に関する問題点を話しています。
特にメーカーによる電池の形状が違うという点は大きな問題で、将来的にスタンダードな形状を形成する必要があるという点を話しており夢の車環境を提唱したと言えます。
その対策の一歩として藤井清隆は特別な電池交換設備の開設を計画しており、ガソリンスタンドに変わる新たな事業として浸透するように力を入れていました。
しかし実際には大型車両の排気ガス問題をクリアしなくては電池交換設備があっても意味がない点も問題視しており、如何にして大型車両のシステム変更を行うかも計画にはありました。
この計画は日本国内ではかなりの反響を集める事になり、既に車によるサービスを提供しているタクシー会社と交渉を行い前向きな返答を貰っている段階という状況でした。
そういった好反応の企業関係者と遭遇するたびに自分の事業内容は新しい世界を作り上げると確信して、計画の立案と遂行を行ってきました。
結果的にベタープレイスは解散という形になってしまいましたが、この考え方は車業界に大きな影響を及ぼしており現在では電気自動車の普及台数も上がっているので、近い将来藤井清隆が描いていた夢の世界が実現すると自動車関係企業は期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です