仕事で紡ぐ物語

小幡学の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

tpsdave / Pixabay

国内の生活は道路という生活の動脈によって利便性が向上されています。
特に物資の輸送に欠かす事のできない高速道路の存在は、一部が損壊してしまうだけで提供されているサービスの大部分が停止するとさえ言われています。
この大事な生活の動脈を研究開発しているのが小幡学が社長を務めているニチレキ株式会社です。

ニチレキ株式会社の主な事業内容は高速道路を含めたあらゆる道路の研究開発をメインに行っていますが、道路を整備するための舗装材料に関しても施工を行ったりしています。
その仕事のクオリティを非常に高く、特に舗装材料の接着強度を大幅に向上させた改質アルファルト乳剤の存在は、長期寿命が必要とされる利用頻度の高い道路に欠かす事のできない施工方法です。
また改質アスファルト乳剤の他にも耐久力に関した多機能性を充実させ開発した各種改質アスファルトもあるので、道路の目的別に応じた機能を追加する事ができます。
勿論その他使う素材に関しても橋梁防水材料や予防的修繕に対応したひび割れ充填材料も使用しているので、どんな道路を構築しようとも非常にクオリティの高い物が人々の生活を支えられます。
こうした充実した事業内容を提供するに至るには小幡学の地道な経歴が大きく影響しており、1982年に日本大学理工学部卒業以降株式会社ニチレキに入社したのですが、2005年に執行役員になるという苦労の連続をした上での昇進でした。

しかしこの経歴には理由があり、道路関係のサービスは自分で道路を利用したり地域の人にその利便性等を問わなくては成り立たないため、小幡学本人は未来の夢を見据えた上で様々な形でサービス提供能力に工夫も盛り込んでいたのです。
その思考能力はニチレキ株式会社を起業した人なのではないかと言われている程社内でも評判になっており、後の道路施工事例を多くの人に見てもらう事によって社外の方からの評価も高まる事になります。
元々理工学部出身の経歴を持っていたため、ニチレキ株式会社の事業内容を根本から理解するのにさほど時間はかからず後は人々が要求する利便性等を詳しく分析するだけだったのです。
そして現在の株式会社ニチレキは国内事業にだけでなく、海外事業も展開しているためこれ以上無い程小幡学の経歴を輝かしい物にしてくれています。
今後の展望としては持続的に新たな研究開発ができるような環境にしたいと本人も発言しており、社内の社長への評判も高いので近々その基盤となる仕組みはできるのではないかと周囲から厚い期待を寄せられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です