仕事で紡ぐ物語

小池一平の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

sasint / Pixabay

人間はあらゆる形でお金を稼ぎ生活をしていく事になりますが、その方法は何も会社勤めや会社経営だけではありません。
スポーツ選手はスポンサーからお金を貰ったり、大会の賞金で生活する事も多くプロゴルファーである小池一平が良い例です。
経歴としては中学1年生でゴルフを始めたので、一般企業でいえばこの時期から小池一平の起業が始まったと言えます。

高校はゴルフ部にある駿台甲府に進みましたが、目立った成績を収める事ができずに自分の実力を蓄えるべく猛練習を重ねる時期になります。
そして山梨学院大学に進学後徐々にその特訓の成果が表れ始め、2007年には日本学生で2位と健闘しこの影響で小池一平はプロゴルファーになるという事業内容を心に決めます。
中学生の頃には夢にも思わなかったプロゴルファーへの道ですが、学生時代の悔しい気持ちが闘争心を奮い立たせプロを目指す事になりますが、やはりプロへの道は厳しく2008年プロ入り後はツアー出場すらままならないという散々な結果になってしまいます。

しかし一度決めた事を諦めるという言葉は本人は持ち合わせておらず、徐々にファイナルQTで上位に入るような実力になり、他のゴルファーからも注目を集める事になります。
この時期からツアーでも徐々に成績が上位を狙える位置にまで食い込めるようになり、2014年のANAオープンでは最終スコア31という経歴を残すまでに成長します。
しかしこれだけの成長では満足しておらず、小池一平はさらなる飛躍を目指すべくあらゆるオープン戦に参加し続け連続で好成績を収める様になってきました。
ゴルフという事業内容を起業してからというもの生涯獲得賞金は66867646円にまでのぼり、これから更なる活躍が期待できるプロゴルファーである事は間違いありません。
何よりまだ海外メジャー賞金を公式記録として獲得していないので、海外での活躍も期待できるのではと周囲からの期待も厚く集まっている状況です。

現在の公式記録としてとしゅつしているのは平均パット数の1.8472でグリーンに持ち込めばほぼ確実に少ない打数で入れられる計算になっています。
ただしパーオン率が66.67と他の選手よりも控えめになっているため、今後の成長課題として練習メニューに組み込んでいく予定の様です。
スポーツ選手で生計を立てるのは非常に難しい事ではありますが、自分の弱点を理解しそれを克服していき徐々に活躍の幅を広げている経歴の持ち主は未来的に成功する確率も高くなっています。
なのでゴルフに興味のある方は一度小池一平の姿をグリーンで観戦し、日本人ゴルフ選手の新たな可能性を観てみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です