仕事で紡ぐ物語

有元龍一の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

StartupStockPhotos / Pixabay

有元龍一(ありもとりゅういち)氏は、日本工営株式会社(にほんこうえい)の代表取締役社長です。
日本工営株式会社は、東京都千代田区に本社を置き、東京証券取引所市場第一部に上場している日本最大手の建設コンサルタント会社です。1946年に新興電業株式会社として設立され、翌年に日本工営株式会社に改称しました。海外事業にとても強いのが特徴で、国内事業は全国各地の主要都市に支店・事務所・営業所を57か所、海外事業では、東京本社と中南米や東南アジアなど世界各地にある子会社を拠点に、世界的に展開しています。

日本工営株式会社の事業内容は、ダム・河川や道路などの整備に携わる事業ですが、実際に現場において直接、建築・施工するのではなく、国土や地域、都市整備事業の立案から構想・計画段階での検討業務、さらには地盤・地質調査や環境評価業務、設計業務、施工監理、維持管理業務などの、その地域の発展に貢献する建設コンサルタントを行っています。
有元龍一氏の経歴は、昭和27年11月27日生まれの東京都出身です。昭52年3月に法政大学法学部を卒業し、昭和52年4月に日本工営株式会社に入社しています。平成14年7月に、日本工営株式会社コンサルタント国内事業本部業務企画室長、平成17年1月に玉野総合コンサルタント株式会社取締役、平成17年3月同社取締役常務執行役員に就任しています。

平成19年7月には日本工営株式会社経営管理本部副本部長、平成20年7月に経営管理本部副本部長兼企画部長、平成21年6月に取締役執行役員、平成23年6月に経営管理本部長兼人事・総務部長、平成24年6月に取締役常務執行役員、平成24年7月に経営管理本部長兼人事部長、と数々の経験をしたのち、平成26年9月に、日本工営株式会社代表取締役社長に就任しています。有元龍一氏は、大学を卒業後、日本工営株式会社に入社してから在籍しているので、起業の経験はなく、また、起業に関しては困難を乗り越えた経験などもありません。

有元龍一氏は、製品の多様化・複雑化していくニーズに対して、誠意をもってことにあたり技術を軸に社会に貢献することを経営理念とし、国内においては自然環境の保全や既存施設の長期・有効活用などに対して、より緻密な構想力と技術力を磨き、世界に向けては、新興諸国の経済成長に伴う都市環境の保全、交通ネットワークや電力資本の整備、紛争や災害地域の復興支援プロジェクトなどに迅速・的確に応えるよう、グローバルなコンサルティング&エンジニアリングファームへと進化することを夢としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です