仕事で紡ぐ物語

東川清の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

pixta_13779905_M

“現代では様々な物でビジネスを展開できる利便性を獲得した半面、ビジネスで問題点が発生する確率も高くなりました。
それらは一つのトラブルを解決すれば良いわけではなく、総合的な視野で分析しなくては問題の根本的な解決にはなりません。
そこで東川清が社長を務めている株式会社アイティフォーでは、金融機関向けソリューションをはじめ、小売業向けソリューションやコンタクトセンターソリューションまで、幅広い分野のソリューション事業を展開しています。

社長を務めている東川清は学生時代から問題解決の分析能力が高く、それは就職活動にも影響されており1973年に高千穂交易株式会社に入社してはいますが、その3ヶ月後により自分が活躍できる現場として現在の株式会社アイティフォーである千代田情報機器株式会社に入社する事になります。
それ以来ソリューションシステム事業の根幹に携わる経歴を残しており、起業はしていないもののその行動力や問題に対する分析能力が高く評価され、経歴欄に新しく取締役ソリューションシステム事業部長を1998年に追加する事になります。
ここから東川清は自分の夢であるソリューションシステムの充実を図るべく、事業内容であるソリューション事業に力を入れ始め2003年にはソリューションシステム事業部長の経歴に新たに常務執行役員の経歴が追加され、自分の意見を積極的に述べられる立場になります。
その後2005年には取締役専務執行役員営業本部長に就任し、さらに3年後の2008年には代表取締役副社長事業本部長に就任し、社長へ就任するための足場を確固な物としていきます。

そして2009年6月には代表取締役社長事業本部長に就任し、その4か月後には代表取締役社長になり自らが力を入れてきた事業内容であるソリューション事業のトップになります。
ここまでソリューション事業に力を入れてきた事には東川清自身に理由が秘められており、社長自身自分の株式会社アイティフォーでの役目は安定的に売上を伸ばす事だと明言しています。
これは本人の夢とも言うべき目標で、入社当時からソリューション事業に力入れてきた社長にとって欠かす事のできない要素なのです。
また現在事業内容としてはサービス体制が確立されてはいるが、まだこれ以上の進化ができるという確固たる自信をインタビューでも語っており、海外進出等を交えた新たな株式会社アイティフォーの柱を用意する計画です。
なのでソリューション事業を必要としている企業は、あらゆる視点からこの先の進化を見据え経営を行っている株式会社アイティフォーのサービスを利用する事を強くお勧めします。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です