仕事で紡ぐ物語

芳賀一利の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

ar130405 / Pixabay

近年ではビジネスの展開方向に多様性を持たせなければ、継続的に企業が成長する事は難しくなっています。
しかし全く関係のない事業を数多く展開するとなると、人材育成の手間なども含めて実用的ではありません。
そのため中外鉱業株式会社では、利益率の高いビジネスの中で関連性の強い5つの事業をメイン事業とする事で成長を続けてきました。
その陣頭指揮を執っているのが中外鉱業株式会社代表取締役社長を務めている芳賀一利です。

福島県立商業高校を卒業してからというものビジネスの展開方法に独自の思考を展開させる活躍をみせ、2007年にはビジネスサポート代表取締役に就任し、2014年には中外鉱業顧問に就任しました。
経歴としてはあらゆる部署を担当するという方法ではなく、一つ一つの仕事をじっくりと行っていく方法を得意としており起業するまでは至っていないものの、中外鉱業のメイン事業である貴金属事業と宝飾事業、不動産事業とコンテンツ事業そして機械事業の陣頭指揮を一気に執れる程の優秀な人材として企業内外の信頼も厚い人物として芳賀一利は有名になっています。
商業高校を卒業した影響か芳賀一利の事業に対する夢はとどまる事をしらず、それぞれの事業内容に対して大胆な展開方法を披露し業界人から注目されています。

こういった多種多様な事業の陣頭指揮を執っている経験をより生かす事で、中外鉱業は近年の不況の影響を最速で乗り越えた企業として有名になっています。
中外鉱業としては事業内容の中では貴金属事業に最も力を入れており、東京都内の事業本部を含めた5つの支店の影響は周囲の関連企業にも伝染するほどの経営成績の伸び率になっています。
東京の他にも神奈川や宮城、山梨や愛知といった場所に支店を展開しておりそれらの支店の経営を東京の大田区にある東京工場が見事にサポートしているという事業展開になっています。
またこの他にも事業内容である宝飾事業に関しては香港にも支店を展開しているため、あらゆる場所で芳賀一利率いる中外鉱業の名前が知れ渡っています。
そして中外鉱業の事業内容の中で今最も進化しているのがコンテンツ事業です。

2013年から継続的にサブカルチャーの祭典に参加して徐々に有名になりつつありましたが、一部の祭典では2016年の12月に開催された物で連続4回の参加を実現するという快挙を成し遂げました。
そのため今まで大人の間にしか名前が知れ渡っていなかった中外鉱業の名前が、サブカルチャーを好きな夢の原石である子供達の間にも知れ渡る様になり、現在も芳賀一利は次の展望を見据えて経営活動をより活発化させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です