仕事で紡ぐ物語

芳賀一利の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

ar130405 / Pixabay

貴金属事業や不動産事業、コンテンツ事業、機械事業などを行っている中外鉱業株式会社の代表取締役社長を務めている人物が芳賀一利氏です。今回は、芳賀一利氏が歩んできた歴史を振り返るために、経歴や芳賀一利氏が社長を務める中外鉱業株式会社の事業内容についてご紹介していきましょう。

芳賀一利氏のプロフィールについて

芳賀一利氏は、1951年2月14日に福島県で生まれました。最終学歴は福島県立平商業高等学校となっています。福島県立平商業高等学校は、昭和41年に周辺市町村と合併してできたいわき市のほぼ中央に位置し、旧平市内にあった商業高校です。高訓の「自主独立」のもと、これまでに多くの卒業生を輩出し、卒業生の多くは県内外で活躍していると言います。その中の一人として芳賀一利氏がいるのです。

高校を卒業してから、商業高校に通っていたこともありビジネスの展開方法に興味を持っていた芳賀一利氏は、独自の展開方法によって活躍を見せたことで知られ、2007年には東京ビジネスサポート株式会社の代表取締役社長となり事業を展開していました。2014年12月には中外鉱業株式会社の顧問に就任し、2015年6月に中外鉱業株式会社の代表取締役社長となっています。

中外鉱業株式会社の事業内容について

芳賀一利氏が代表取締役社長を務めている中外鉱業株式会社の事業内容について解説していきましょう。中外鉱業株式会社は、4つの事業を展開しています。

貴金属事業

中外鉱業株式会社のメイン事業となるのが貴金属事業です。東京都台東区に本部を構え、品川や大宮、名古屋や大阪、福岡など、主要都市と言われる地域に支店を構えています。仕入れから精製・加工、地金販売までを一貫して行っていることが特徴で、レアメタルの研究も行っています。都市型鉱物資源が原料の金・銀・パラジウムなどの貴金属のリサイクル事業を展開しているため、地球環境保全にも貢献しているのです。

また、新しいビジネス展開として24KGP事業に取り組んでいます。商業建築や住宅などの様々なシーンで活用でき、建築をより華やかなものに見せてくれます。

不動産事業

都心部を中心として、マンションや一戸建て、土地や事業用、不動産物件など、様々な不動産の売買や仲介、賃貸事業を展開しています。事業用の土地やビル売買をメインに展開していたのですが、近年では個人向けの住宅にも力を注いでいます。

また、近年資産運用の1つとして話題となっている不動産投資用マンションの売買も行っており、ニーズに合わせた事業展開にも挑戦しているのです。今後は海外市場に進出することを視野に入れ、事業展開を図っています。

コンテンツ事業

2013年に総務企画室として始まり、2015年に新たに新設されたのがコンテンツ部です。アニメーションやコミック、ゲームなどのキャラクターの商品企画や製作、販売をしています。今後は、映像や音楽、ゲームコンテンツを発信することも考えており、貴金属部と連携することでさらなる商品企画が行えるとも感じているようです。アニメ・漫画イベントに参加することでPR活動も行っています。国内だけではなく海外でも認知されるキャラクター作りが期待されています。

機械事業

工作機械や板金機械、プレス機械などの売買を行っている部門です。連結子会社でもある株式会社インテックスは、東京、大阪、名古屋、群馬と主要都市に支店を構えており、売上シェアは業界でも最大手となっています。機械情報誌「月刊ニューマシンツール」の発刊も行い、情報発信にも注力しています。今後は海外市場への事業展開も視野に入れています。

柔軟な発想力が強みで業界人から注目を集めている

上記でご紹介したように、中外鉱業株式会社では4つの事業を展開し、将来的に海外進出を考えている企業です。事業内容に対しては、芳賀一利氏による大胆な展開方法が話題となり、業界人からは注目を集めています。グループの全役員、そして従業員に向けては大胆な思考を持つことを最重要課題としているので、今後も驚くような事業が展開されていくでしょう。

中でも、コンテンツ事業においては大きな発展が予想できます。継続的にサブカルチャーの祭典に参加をすることで認知度が増してきましたが、今後も国内外のイベントに参加していくことで国内や海外、そして若い世代にも認知される企業に発展していくのではないでしょうか。

まとめ

芳賀一利氏が代表取締役社長を務めている中外鉱業株式会社は、4つの事業を展開していくことで日本だけではなく海外を視野に入れた展開が予想される注目の企業です。「過去に培った技術およびノウハウの伝承」「新しい分野への挑戦」をスローガンとしているので、中外鉱業株式会社ならではの魅力が詰まった事業が展開されていくでしょう。

そして、芳賀一利氏による大胆な展開方法は、日本市場の発展にも貢献していくはずです。今後も芳賀一利氏、そして中外鉱業株式会社の展開に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です