仕事で紡ぐ物語

坂口直大の過去の経歴は?起業の経緯や事業内容

eyecatchimage 坂口直大の過去の経歴は?起業の経緯や事業内容

坂口直大氏は、株式会社ファーストロジックの創業者です。平成17年8月23日に会社を設立して以降、坂口氏はITコンサルタントとして、多くの企業から良きビジネスパートナーとの関係を築き上げています。ここでは、坂口氏が代表取締役に就任するまで経歴や経緯、ファーストロジックの事業内容について解説していきましょう。

創業者・坂口直大の経歴

1976年生まれの坂口直大氏は、2000年にシステムエンジニアとしてソフトウェアハウスのシステム開発に従事していました。翌年2001年にはウルシステムズ株式会社でITコンサルタントを担当します。ウルシステムズは最先端のテクノロジーを駆使して、IT投資に必要なサポートを提供している会社です。エンジニアやマネジメント、コンサルタントなど先端技術に特化した幅広い業務を展開していますが、坂口氏は売上や利益を伸ばし、競合他社と差別化する立場でもありました。

ここでIT投資はどのような事業戦略を立案するかによって会社に貢献できるのかを習得していたのでしょう。また、投資の難所を乗り越えるためのノウハウを生み出し、情報不足を解消してきました。そこで坂口氏は、スターティングメンバ―として参画すると共に、大手大企業や官公庁などの基幹システム、インターネット事業の新規開発など様々なコンサルティングに携わってきました。坂口氏は2005年8月にファーストロジックが設立される前まで、ITコンサルタント業務に尽力してきたようです。

株式会社ファーストロジックが設立されるまでの経緯

坂口直大氏はソフトウェア会社に入社してから「システムエンジニアの需要は40歳半ばでなくなり解雇されてしまう立場になる」ということを知り、入社1年目から将来に大きな不安を寄せました。そこでサラリーマンをしながら不動産業を始めれば安定した生活が送れると考え、東京都内の不動産会社をまわりましたが、個人に投資用不動産を紹介してくれるような会社はありませんでした。

しかし、元々不動産投資に関心を寄せていた坂口氏は、物件を購入する業界を詳しく調査し独学で勉強しながら知識を蓄えていきます。もしかしたら不動産会社と不動産投資家をマッチングできる事業があれば、ビジネスとして成立するのではないかと考え会社の設立に至りました。

不動産投資に注目を寄せる人の多さにも気付き、自身のIT専門知識やノウハウを活かし投資家と不動産会社を引き合わせるシステムを考案することを決意しました。坂口氏は、柔軟性と発想力を兼ね備えた才能があり、たくさんの人々が利用するサイトを開拓し、投資用不動産投資情報サイトのランキングで見事1位の座を占めています。使いやすさやサイト規模、両者共に全国最大級のサイトである証拠に、2015年2月に東証マザーズに株式上場を果たし、現在は第二創業期として活躍中です。坂口直大氏は全ての人々公平な不動産投資を安心して行えるよう、投資家を支援するためのサービスを提供させたいと思い株式会社ファーストロジックを起業しました。

株式会社ファーストロジックの事業内容について

ファーストロジックは、不動産投資ポータルサイトである「楽待」を運営している会社です。投資専用の不動産に特化して、物件を購入したい投資家と売却したい不動産会社のマッチングサービスを提供しています。坂口直大氏は、公正な不動産投資市場を構築させるために以下のような事業を発展させています。

国内最大の不動産ポータルサイトサービス「楽待」を提供

ファーストロジックでは「投資用不動産を購入したい」「投資用不動産を売りたい」という人に向けたマッチングサイトの運営を導入しています。「楽待」は国内No.1のシェアを誇る不動産投資情報サイトとも言えるでしょう。「楽待」に登録すると、不動産会社から物件の紹介が受けられます。

投資家コラムやアドバイス記事「楽待新聞」の開設

楽待新聞では、不動産投資に関する正しい知識を習得するために、実践的なノウハウや不動産投資の最新情報などを毎日更新しています。投資家ならではの手法や失敗談、不動産投資の基礎などを解説したコンテンツが含まれており、掲載されているコラムや記事にコメントや質問などもできます。

オーナーが賃貸経営を行うための検索サイト開発

不動産のオーナーや賃貸経営を行うには、所有している物件を管理してくれる業者またはビジネスパートナーが必要です。こちらの検索サイトでは市区郡単位で近辺の業者を探すことができ、業者の詳細(実績や写真)をチェックすることが可能です。全国にある賃貸物件を最大5社まで一括見積りしてくれるサービスも導入されています。
厳しい審査をクリアした加盟店のみを対象にパートナー探しをしてくれるとても便利なマッチングサイトです。

まとめ

「ファーストロジック」という社名は「本質を見抜く」という理念が込められています。坂口氏は、成功への最短距離を常に考え、最初の行動が論理的思考を行うものと考えています。「不動産投資家の支援」「不動産投資市場の健全化」「投資用不動産価格の透明性向上」以上3つのビジョンを基盤に、これからも社会に貢献できる不動産投資市場を構築させていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です