仕事で紡ぐ物語

坂口直大の過去の経歴は?起業した経緯や事業内容とは

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

坂口直大は、ITコンサルタントとしてさまざまな企業の頼れるパートナーとして活躍してきました。不動産投資に強い関心を持っていたこともあり、元々は自らの物件を購入するために不動産業界について勉強を始めました。そうしているうちに、自分が想像していた以上に不動産投資への注目度が高いことに気が付き、それと同時に情報が少ないことに困っている人が多いことを知ったのです。それか大きなきっかけとなり、自身が身に付けているITの専門知識やノウハウを最大限に活用して、不動産物件を買いたい投資家と販売したい不動産会社を引き合わせるシステムを作ろうと起業することになりました。

坂口直大の経歴は異色であり、周りにはない柔軟性と発想力を兼ね備えた人物として高い評価を集めています。しかし、起業した最初の頃は、インターネットサイトの利用者もまだそれほど多くなかったこともありますし、会社の知名度不足に大変苦労しました。地道に事業内容やサービスについて利用者と不動産会社の双方に説明を繰り返しながら、成約を重ねていくことで急速に口コミによる評判が広がっていったのです。全国各地の物件に関する情報を収集するために、スタッフたちが協力し合いながら全国を歩き回ることもありました。こうしたさまざまな苦難を乗り越えた経験を共に味わうことによって、スタッフ同士の絆はより一層深まることとなったのです。徐々にインターネットサイトによるサービスが浸透してきたとこも背景にあり、坂口直大が夢見た理想的なマッチングシステムが軌道に乗ってきたといえます。

現在では、物件の掲載数は業界でもトップクラスにまで成長し、利用者数や使いやすさの満足度でも圧倒的な支持を得るまでになったのです。
坂口直大が起業した会社が運営しているインターネットサイトのマッチングシステムは、特許も取得して法律への備えも万全となっています。開発技術は全て内製化していますので、トラブルへの対処もスピーディーでスムーズに行える点も大きな強みなのです。さらに、社員の定着率が高い点も大きな特徴です。成果に応じて正当な評価をしてもらえる働きやすい労働環境も選ばれている理由の一つといえます。

このように、坂口直大が起こした企業は、効率的に働ける快適な職場としても多くの人々から親しまれているのです。情報の共有や事務連絡はシステムの中のツールを利用することで無駄な会議を行わないという点も若者から絶大な信頼を寄せられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です